初笑い びっくり武士道:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
初笑い びっくり武士道
初笑い びっくり武士道

初笑い びっくり武士道

1972年1月21日公開,87分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

上意討ちの討手を買ってでた臆病な武士が、武芸の達人に立ち向かうというストーリーの中で、武士道の窮窟な枠を皮肉りながら、人間心理の機微をユーモアに描いた山本周五郎の時代小説の映画化。脚本は松竹助監督でもある三村晴彦と「緋牡丹博徒 お命戴きます」の加藤泰。監督は脚本も執筆している「コント55号とミーコの絶対絶命」の野村芳太郎。撮影も同作の川又昂が、それぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

双子六兵衛は、福井藩内に知れ渡った臆病者だった。殿中で、便所に行く白装束の殿様を幽霊と見間違え、仲間たちの蔑みと嘲笑を浴びる始末だ。ある日、六兵衛にとって、汚名をそそぐ絶好の機会が到来した。というのは、藩お抱えの武芸指南仁藤昂軒が、狩場で殿ご寵愛の小姓加納平兵衛を斬り逃亡したのだ。殿は烈火のごとく怒り討手を出すことになった。その討手に妹のかねが泣いてとめるのも聞かず、六兵衛は志願した。九頭竜川沿いの街道を早籠でとばした六兵衛は、大聖寺川の渡し場で、昂軒に追いついた。だが六兵衛は、昂軒が十数人の荒くれ人足をケ散して、若い武家娘を救っている光景を目撃して、今さらながら昂軒の強さを思い知らされた。山中温泉を過ぎ、安宅ノ関を通っても屁ッピリ腰の六兵衛にチャンスはこない。尋常な手段では、到底成功はおぼつかないと悟った六兵衛は、心理作戦をたてる。昂軒の後を執拗につきまとって四六時中「ヒトゴロシー」と怒鳴り続けるのだ。最初は豪快に笑い飛ばしていた昂軒もメシは食えず、夜もろくろく眠れない。やがて越後高岡の松葉屋で二人は同宿した。昂軒の部屋を見張っている六兵衛から、宿の女将おようは、事の始終を聞かされて感動する。翌日から二人で昂軒の後を追った。富山の城下町では与力猪戸団右衛門の力もあり、諏訪を過ぎたあたりで昂軒はついにダウンしてしまう。昂軒は切腹しようとするが、六兵衛は上意討ちは、もとどりだけで目的が果たせるからと止める。やがて六兵衛は、おようと共に故郷に錦を飾ったが、その後も六兵衛の臆病は一向に直る様子はなかった。

作品データ

製作年
1971年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
87分
製作会社
松竹

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?