女囚さそり 第41雑居房|MOVIE WALKER PRESS
MENU

女囚さそり 第41雑居房

1972年12月30日公開,93分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

“さそり”シリーズ第二作。“さそり”と呼ばれる女囚ナミのたたかれても屈せず、じっと冷静に待ちながら、刑務所長を象徴とする権力への復讐を描く。原作は“ビッグ・コミック”連載中の篠原とおる原作・画の同名劇画の映画化。脚本は「人斬り与太 狂犬三兄弟」の神波史男と松田寛夫、監督は脚本も執筆している「女囚701号 さそり」の伊藤俊也、撮影は「ポルノの帝王」の清水政郎がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

法務省の巡閲官の面前で松島ナミは刑務所長郷田の隻眼めがけナイフを突き刺す。郷田は辛くも失明をまぬがれ、ナミに対する憎悪はいっそう燃えた。石切場での苦役、輪姦。さすがにナミも半死半生となる。しかし、不死鳥の如くナミは、看主を殺し、女囚のボス、大場らと共に脱走に成功。やがて、とある山小屋に閉じ籠った。女囚の一人、及川が、我子恋しさのあまり独り抜けだし、我が家に戻ったところを網を張っていた看守たちに捕われ、取り引きをさせられる。やがて及川は看守を連れ小屋に戻った、が、ナミに感ずかれ、看守は女囚たちに惨殺されてしまった。再び逃亡。女囚たちは観光バスを乗っ取り、街道を突っ走る。しかし、行手に郷田と警官たちがいるのを知った大塚らはナミを囮として突き落す。逮捕されてしまうナミ。ところが郷田はそのナミに、女囚たちが人質たちと籠る倉庫の中の様子を捜るように命令する。ナミは素直に郷田の言に従い、大場の持っているライフルに残弾はなく、人質は既に殺されていると報告する。警官たちは突撃した。だが、大場のライフルは火を吹き銃撃戦となる……。女囚側は大場一人が辛じて生き残り、人質は全て殺されてしまった。郷田のナミに対する憤りは凄じく腹心の部下に、秘かにナミ殺害を命じ、自分は本省に栄転していった。だが、瀕死の大場の助けでナミは危機をまぬがれ、二人の看守を殺して逃亡に成功。郷田は東京管区長のポストに納まり、エリート官僚ぶりを発揮していたが、真紅なパンタロンスーツに身を固めたナミは、今までの復讐と怨念を込めたドスを深々と郷田の腹に突きさした……。

作品データ

製作年
1972年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
93分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    矢口渡

    2.0
    2014/3/1

    第一作目のストーリーを、踏襲しながら話を組み立て無理がある。女囚の脱獄劇だけでは松島ナミの復讐に繋げられないので所長をターゲットに。でも、女囚たちの群像も描きたい。なかなかの苦労だったと思われる。二作目は難しい。
    また、第一作では梶芽衣子の体当たりの演技も、今回はおとなしい。鋭い目での演技にチャレンジしているものの、実験的映像(当時はこういうのを、シュールと呼んだ?)ともあいまって、よくわからない仕上がりに。綺麗な女優さんだけど。
    見方を変えて、発展する日本、東京(工事中の高層ビルや歩道)や環境に対する考え方(消費は美徳という感じのゴミ集積場)年代を感じさせる自動車やバスなど、昭和時代映画という視点では、楽しめる。

    違反報告