フィンガー5の大冒険:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
フィンガー5の大冒険
フィンガー5の大冒険
-

フィンガー5の大冒険

1974年7月25日公開、28分
0
-
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ストーリー

晃と妙子が美しい白い花に心をうばわれて、うっとりとして見ていると、その花から花の精が現われた。美しい少女である。花の精は二人が心の優しい少年少女なので感心した。そんな時、晃と妙子は不良グループ・全ガキ連にからまれ、あわや暴力ざたになりそうになるが、白い花の精が現われると、全ガキ運の態度が急に大人しくなり勝負はバスケットボールで決めよう、ということになった。晃や妙子の話を聞いた一夫たちは当惑してしまう。何しろフィンガー5は忙しいので、バスケットには全然自信がないのだ。さて試合の日。レフリーは岸くんがすることになった。試合は滅茶苦茶でガキ運がかなりリードした。すると白い花がかすかに光った。その時からフィンガー5には信じられないような能力がついて、あれよあれよと思う間もなく逆転してしまい、試合終了。ついにフィンガー5は大勝利を収めた。そして全ガキ連はフィンガー5に降参し、今度はフィンガー5、全ガキ連、岸くんの11人で、アメリカン・フットボールのチームを作るのだった。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

製作年
1974年
製作国
日本
配給
東映
初公開日
1974年7月25日
上映時間
28分
製作会社
東映TVプロ


[c]キネマ旬報社