江戸城大乱|MOVIE WALKER PRESS
MENU

江戸城大乱

1991年12月14日公開,0分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

徳川五代将軍の座を巡る熾烈きわまりない跡目争いを豪快に描く時代劇。脚本は「陽炎」の高田宏治が執筆。監督は「必殺!5 黄金の血」の舛田利雄。撮影は「動天」の北坂清がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

延宝八年、春。四代将軍・家綱は、体が弱く世継ぎもいなかった。江戸幕府の大老・酒井雅楽頭忠清は、時期将軍候補として家綱の次弟・綱重を擁立。大半の賛同は得たものの、尾張当主・徳川光友だけは異を唱える。将軍位継承の権利は御三家にもあるというのがその理由だった。家綱に変わって独裁政治を敷く酒井には反感を持つ者も多い。三代将軍・家光の血を引く館林当主・綱吉もそのひとり。そんな中、堀田備中守正俊に綱重出迎えの大命が下った。だが江戸への帰還中、綱重は何者かに殺されてしまう。そこで先代家光の側室・桂昌院は実子の綱吉を五代将軍にと願うが、酒井は強硬に異議を唱える。桂昌院は酒井とは最早戦うしかないと決心し、堀田に助力を求めた。だが家綱は死に、時期将軍には甲府・綱豊にと遺言を残す。その報せを聞いた桂昌院は、酒井の謀略だと確信していた。そして老中稲葉美濃守の手元へ家綱直筆の遺言状が侍女によって差し出された。それには、次期将軍は館林・綱吉とはっきり記されていた。完全に敗北を悟った酒井は、綱吉を斬ろうと刀を抜くが、綱吉のあくまで鋭い眼光と威厳に満ちたその容姿に圧倒された彼はその場に平伏。そして徳川家への大逆をわび、切腹するのだった。

作品データ

製作年
1991年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?