瀬戸内ムーンライト・セレナーデ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

瀬戸内ムーンライト・セレナーデ

1997年3月15日公開,117分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

戦後の混乱期、戦死した長男の遺骨を故郷の墓に埋葬するために家族旅行に出かけた一家の道行きを、ノスタルジックな風景の中につづったドラマ。監督は「写楽」の篠田正浩。「瀬戸内少年野球団」「少年時代」に続く、篠田の“少年三部作”の3作目にあたる。阿久悠の原作『飢餓旅行』を、「写楽」でもチーフ助監督をつとめた成瀬活雄が脚色。撮影には「写楽」の鈴木達夫があたっている。主演は「恋と花火と観覧車」の長塚京三。次男にふんした鳥羽潤がキネマ旬報新人男優賞を受賞した。97年度キネマ旬報ベスト・テン第10位。本興行は1997年5月17日より。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

恩田圭太は阪神大震災のニュースを見ながら、ふと自分の少年時代を思い出していた。昭和20年、淡路島に駐在として勤務していた恩田幸吉の一家は、戦地で戦死した長男・忠夫の遺骨を故郷の宮崎の寺に納めるために旅行に出かけた。妻のふじと3人の子供を伴ったこの家族旅行は、敗戦の混乱期にあっては無謀とも思えたが、幸吉は家族そろって出かけることにこだわる。三男の圭太は、そんな父の言いつけで兄の骨壷を現地まで運ぶことになった。別府へ渡る船を待つために一泊した神戸の街で、父に反発して途中で家族と離れる計画を立てていた次男の光司は、空襲で家族を失い、九州の親戚の家へ行くところだという美少女・雪子に出会う。一目で彼女に惚れてしまった光司は、彼女を親戚の家まで送り届けることを決意した。大混雑の別府航路へ乗り込んだ恩田一家は、ようやく確保した甲板の一角で一夜を明かすことになる。その夜、気っ風のいい闇屋の鳥打ちさんが音頭をとり、甲板はちょっとした宴会になっていた。ハーモニカを演奏する復員兵や巡回の映画弁士、別府で芸者になるという小町さん、校長先生、曲芸のおじさんらと、恩田一家は楽しいひと時を過ごす。別府に着いた幸吉は、どうしても雪子を送り届けたいという光司に、翌朝までに戻ってくることを条件にそれを許した。光司の帰りを待つ別府での一日、圭太は鳥打ちさんを地元のヤクザから助けた父の強さにひたすら感動を覚える。翌朝、約束通り光司は戻ってきたが、ギリギリのところで汽車の時間には間に合わなかった。最後の汽車の旅を終え、恩田一家は無事に故郷の駅に到着する。しかしその時、圭太がホームから大切な骨壷を落としてしまった。ところが、あんなに大切に運んできた壷から出てきたのは兄の遺骨ではなく、歯ブラシだったのである。そして現在、震災後の復興を遂げようとしている神戸の街を訪れた圭太は、父親が強制したあの旅行が、家族の絆を再確認するためのものであったことを実感していた。

作品データ

製作年
1997年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
117分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ミチさん

    5.0
    2009/4/23

    『阪神大震災』と『神戸空襲』が重なって・・・。恐らくこの映画のモチーフはこれ、だけでしょう。
    でもこの映画は日本映画の最高傑作のひとつだと思います。
    ひとつは映画に対する『思い』を「阪妻」や「カサブランカ」で表しているし、音楽もタイトルの「ムーンライト・セレナーデ」を始めとして、池辺晋一郎のオリジナル(?)が素晴らしい。
    余談ですが、私の母は宮城県塩釜市出身ですが、終戦のとき、米軍はいきなり上陸せず、3日3晩、海上からジャズを流し、人々の警戒を解いてから、上陸したということでした。
    またこの映画で「神戸の空襲が美し」かったり、「敵機の編隊が美し」かったりするのは、あまり言いたくないけれど、本音だったろうなと思います。
    皆さん芸達者ですが、吉川ひなのちゃんだけが、ちょっと「棒読み」で感情移入できなかったですね。鳥羽潤はもっと活躍しても良いと思います。長塚京三、岩下志麻はさすがで、本当に画面がしまります。
    高田純次や羽田美智子も最高の演技ですね。このくらいの映画をもっともっと観たいと思うのは贅沢でしょうか。

    違反報告