ヘルメス 愛は風の如く:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ヘルメス 愛は風の如く
ヘルメス 愛は風の如く
-

ヘルメス 愛は風の如く

1997年4月12日公開、114分、アニメ/アクション/ファンタジー
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

古代ギリシアの英雄ヘルメスが繰り広げた愛と冒険を描く長編アニメーション。監督は「Coo/遠い海から来たクー」の今沢哲男。“宗教法人・幸福の科学”総裁の大川隆法による原作をもとに、ヘルメス・シナリオプロジェクトが脚色した。

ストーリー

4300年前のギリシア、ミノス王が勢力を広げつつあった地中海諸国に住む人々は、救世主の出現を待ち望んでいた。そんな時、クレタ島シティアの王家に、将来、全ギリシアの王になると予言されたヘルメスが誕生する。それから26年後、文武ともに優れた青年に育ったヘルメスは、リンドスの城に幽閉されているディロス島の王女・アフロディーテ姫を救出し、妻として迎えた。シティアの王となった彼は、ある日、リュカルゴスの丘の上で天地創造の神・オフェアリスから重大な使命を受ける。それは、暴君ミノス王を智恵の力を使って倒すことであった。早速、アテナイのアイゲウス王の息子・テーセウスの協力を得て、クノッソス宮殿へ攻め入ったヘルメスは、ミノス軍を出し抜き、ミノス王を倒すことに成功する。クレタの王となり、エロスという子宝にも恵まれたヘルメスは、オフェアリスから授かったケリューケイオンの杖を使って地中海世界の発展につとめた。ある晩、オフェアリスの神殿で祈りを捧げるヘルメスに、妖精が霊界を行き来できる羽根のついたサンダルを授ける。妖精に導かれ霊界を旅したヘルメスは、地獄のミノス王が大暴れしていることを知った。だが、巨大化したミノス王にはケリューケイオンの杖も歯が立たない。その時、絶体絶命のヘルメスの前にオフェアリスが現れ、彼のアドヴァイスにより自分が彼の現世の姿であることを悟ったヘルメスは、自分の力を信じることでミノス王退治に成功した。彼は信仰の力がいかなる悪をも打ち負かす力になることを学び、地上世界へ戻っていく。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Hermes
製作年
1997年
製作国
日本
配給
東映
初公開日
1997年4月12日
上映時間
114分
製作会社
幸福の科学出版(製作協力*スタジオジュニオ=アーツプロ=アニメーションスタッフルーム=ソニーPCL/企画協力*プランニングアーツ)
ジャンル
アニメアクションファンタジー


[c]キネマ旬報社