恋人たちのポートレート:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
恋人たちのポートレート
恋人たちのポートレート

恋人たちのポートレート

1997年12月20日公開、119分、恋愛
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

傷つきやすい大人のおかしくて切ないラブストーリー。監督・脚本は「ミナ」のマルティーヌ・デュゴウソン。製作は「イルマ・ヴェップ」のジョルジョ・ベナユン。共同脚本と音楽は「ミナ」でコンビを組んだピーター・チェイス。美術は「パリは燃えているか」「テス」のピエール・ギュフロワ。出演は「誘惑のアフロディーテ」のヘレナ・ベナム=カーター、「ミナ」「アパートメント」のロマーヌ・ボーランジェ、「絹の叫び」「ポネット」のマリー・トランティニャンほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

パリの一流オートクチュール「サンドル」の助手アダ(ヘレナ・ボナム=カーター)と脚本家ポール(ジャン=フィリップ・エコフェ)は友人たちから多額の借金をして18世紀風の古いアパートを購入した。アダの同僚リーズ(ロマーヌ・ボーランジェ)にとって、アダは憧れの女性だった。リーズの心はアダと同化し、いつしかポールを愛するようになった。リーズの横恋慕にアダとポールは破局を迎えることとなった。「サンドル」では、新作のファッションショーに向けて準備が進んでいた。サンドルは苦悩していた。若いリーズに若い日の自分を投影し、一層自分を追い詰めた。ポールは友人のグイドと書いていた脚本が進まない。というのもグイドと恋人の仲がうまくいっていないからだ。アダはポールの子供を宿すが、ポールはリーズと暮らすことを決意したので、アダは逆上する。突然のショーの延期、自信喪失したサンドルは自殺騒ぎを起こす。アダはリーズを代役にショーを決行する。5ヶ月後、アダはバカンスに出かけた仲間を追ってイタリアの美しい島に向かった。全てを忘れるために。

作品データ

原題
Portraits Chinois
製作年
1996年
製作国
フランス イギリス
配給
ギャガ=ファザーSCI配給(日本コロムビア提供)
上映時間
119分
製作会社
IMAフィルムズ=UGCイマージュ=フランス2シネマ=ポラー・プロ作品(チャンネル4提供)
ジャンル
恋愛

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?