実録新宿の顔 新宿愚連隊物語2:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
実録新宿の顔 新宿愚連隊物語2
実録新宿の顔 新宿愚連隊物語2
-

実録新宿の顔 新宿愚連隊物語2

1997年3月15日公開、92分
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

戦後混乱期の新宿を駆け抜けた加納貢の生きざまを描く実録愚連隊物語「新宿の顔」の第2部。第1部と2本立てで同時公開された。監督の和泉聖治をはじめ、第1部と同じスタッフが製作にあたり、キャストも主演の的場浩司ほかの大多数が、第1部より引き続き出演している。

ストーリー

終戦から時を経た新宿にあって、伝説の愚連隊・加納の勢いは未だ衰えていなかった。愚連隊・中谷七郎グループを新宿七栄会として傘下に納めた辺見一家は、加納にも舎弟入りを誘ったが、加納はこれを拒否する。その頃、加納と親交を抱く府中の水田の組の賭場では、堅気となったホシケンが博打に身をやつしていた。ホシケンを諫めに府中を訪れた龍グループの青久は、そこで、つい辺見一家系列の新流会と揉め事を起こしてしまう。これが火種となって新流会と水田の抗争が顕在化し、この争いは加納によって大事なくまとめられるが、水田は警察に逮捕され、加納を疎ましく思う辺見は関東曽根一家と手を結んだ。また、自分への想いを強める弥生に対して、加納は、バーのママのユカを選ぶ素振りで身を引き、弥生が堅気の男と結婚するのを見届ける。その間、加納を慕うバー経営者の塚原は、新宿酒場人倶楽部を結成し、悪徳流しを追放して新宿を健全な酒場にしようとしていた。すると曽根は辺見をけしかけ、流し救済の名目で新宿に乗り込もうとする。片腕の黒田が再び送り込まれて新宿を強襲したが、博打癖から立ち直ったホシケンがこれに巻き込まれて死に、さらに加納も黒田配下の今野に腹を撃たれてしまった。しかし、加納との個人的決着を望む黒田は今野に謀殺され、渋谷で旗揚げした安藤の企業家襲撃容疑による逮捕の報を加納が聞いた頃には、曽根は悪徳流しや辺見、七栄会と連合して総力を結集する。その暴虐に耐えかねた龍グループは、日本刀を手に仇のアジトに乗り込んだが、折しも曽根のアジトは警察に押さえられたところで、曽根たちも敗退の身となっていた。曽根たちの行く先には、復活した加納が立ちはだかる。加納は中谷、辺見、曽根を壮絶な決闘の末に倒し、その後姿を見せなくなった。新宿は、もはや加納を熱くさせる何かを失っていた。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

製作年
1997年
製作国
日本
配給
ムービーブラザース
初公開日
1997年3月15日
上映時間
92分
製作会社
ムービーブラザース作品


[c]キネマ旬報社