私の愛情の対象:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
私の愛情の対象
私の愛情の対象
-

私の愛情の対象

1998年12月5日公開、112分、コメディ/恋愛
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    1
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ゲイの男性と普通の女性との恋を通じ、男女の理想のありかたを問うラヴ・コメディ。監督は「英国万歳!」「クルーシブル」のニコラス・ハイトナー。脚本は劇作家のウェンディ・ワッサーステイン。製作は「愛と追憶の日々」のローレンス・マークと、「クルーシブル」のダイアナ・ポコーニー。撮影は「マイ・ビューティフル・ランドレット」のオリヴァー・スナイプルトン。音楽は「英国万歳!」のジョージ・フェントン。美術は「赤ちゃん泥棒」のジェーン・マスキー。出演はNBCの人気シリーズ『フレンズ』にレギュラーで人気を得たジェニファー・アニストン、「ロミオ&ジュリエット」のポール・ラッド、「英国万歳!」のナイジェル・ホーソーン、「愛を殺さないで」のジョン・パンコウ、「ウルフ」のアリソン・ジャニーほか。

配信で観る

ストーリー

ソーシャル・ワーカーのニーナ(ジェニファー・アニストン)はパーティで、小学校教師でゲイのジョージ(ポール・ラッド)を紹介される。同棲相手にふられたジョージは、ニーナのアパートに転がりこむ。二人は最高の友人同士として、プラトニックな関係を築く。ニーナには親切だが押しつけがましいヴィンス(ジョン・パンコウ)という恋人がいる。ヴィンスの子を妊娠したニーナは、ジョージに「子どもと3人で新しい関係を作ろう」と提案するが、ヴィンスは強引にニーナを自分の家に連れ帰る。ある日、ニーナと再会したジョージは、ヴィンスの態度にイライラしているニーナを見て、子どもの父親代わりになることを決意する。二人は再び一緒に暮らし始めた。ジョージを男として愛し始めたニーナだったが、ベッドイン寸前という時、ジョージの元同棲相手から旅行の誘いの電話が入る。行くことを承諾したジョージは、旅先で若く魅力的な男性、ポール(アモ・グリネロ)と出会い新しい恋に落ちる。「人生の伴侶は一人、私を選んで!」と叫ぶニーナだったが、ゲイであるジョージにはポールとの恋を捨てられなかった。やがてニーナは出産、ジョージに別れを告げる。数年後、ジョージの学校で学芸会が開かれた。ジョージは校長になり、主役はニーナの子ども、ヴィンスは父親として参加し、ニーナの隣には新しい恋人がいた。ジョージとニーナは今は真の友情で結ばれていた。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
The Object of My Affection
製作年
1998年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス映画
初公開日
1998年12月5日
上映時間
112分
製作会社
20世紀フォックス映画作品
ジャンル
コメディ恋愛


[c]キネマ旬報社