川のうつろい:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
川のうつろい
川のうつろい
-

川のうつろい

1998年2月28日公開、110分、時代劇
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

アフリカの大地を舞台に、フランス人貴族と黒人少女の愛を描く大河ロマン。監督・主演は「ヘカテ」「リディキュール」の個性派ベルナール・ジロドー。脚本・台詞はジロドー、ジャン=ルイ・ルコント。撮影はジャン=マリー・ドルージュ。音楽はルネ=マルク・ビーニ。共演は新人のアイサトウ・ソー、「オディールの夏」のリシャール・ボーランジェ、「妻の愛人、夫の恋人」のアンナ・ガリエナほか。

ストーリー

18世紀末、フランス革命前夜。貴族ジャン=フランソワ(ベルナール・ジロドー)はルイ16世の盟友を決闘で殺害した責めを受け、追放同然にアフリカはニジェール川沿いの植民地に総督として赴任。愛人の伯爵夫人(アンナ・ガリエナ)を母国に残し、生きる糧を見いだせない彼はある日、現地の国王から買い上げた奴隷の黒人少女アメリー(アイサトウ・ソー)との出会い、彼女に保護者として接するうち、彼女を愛するようになるが、歴史の激動の波がふたりをも飲み込んでいくのだった。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Les Caprices d'un fleuve
製作年
1995年
製作国
フランス
配給
シネマパリジャン
初公開日
1998年2月28日
上映時間
110分
製作会社
クラック・フィルムズ=レ・ステュディオ・カナル・プリュス作品
ジャンル
時代劇


[c]キネマ旬報社