リバース(1997):映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
リバース(1997)
リバース(1997)

リバース(1997)

1998年10月3日公開,94分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

殺人に巻き込まれた女性刑事が、時間逆行の実験装置を使って過去を変えようと苦闘する姿を描くSFアクション・スリラー。監督はMTV出身で『クラック・ダウン 狼たちの追跡』(V)のルイス・モーニュー。脚本はフィリップ・バシャー、マイケル・ハミルトン=ライト、ロバート・シュトラウスの共同。撮影は「ポスト・モーテム」のジョージ・モーラディアン。音楽はティム・トルーマン。出演は「ジョン・キャンディの大進撃」のジェームズ・ベルーシ、モデル出身で本作が映画デビューのカイリー・トラヴィス、「ザ・ウィナー」のフランク・ホェーリー、「評決のとき」などの名脇役M・エメット・ウォルシュほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

数日前の人質事件での衝撃を癒すために旅に出た女刑事カレン・ウォレン(カイリー・トラヴィス)。テキサスの砂漠の真ん中で車がクラッシュを起こし、そこへ通りかかったフランク・ロイド(ジェームズ・ベルーシ)とその妻レアンヌ(シャノン・ウィリー)の乗ったシボレーをヒッチハイクした。途中ガソリンスタンドに立ち寄ったフランクは、そこで店主のサム(M・エメット・ウォルシュ)から取引をしているマイクロチップの代金をもらうが、同時にレアンヌの浮気の現場写真を見せられる。車内で逆上したフランクは、カレンの制止も聞かず、レアンヌを射殺してしまう。カレンは銃口を向けるフランクから逃がれ、近くの研究所の中へ逃げ込む。研究員のブライアン(フランク・ホェーリー)が研究していたのは時間の逆行装置で、機械が誤って作動して、カレンは20分前のフランクの車中へとタイムスリップしてしまう。過去へ戻ったことを悟ったカレンは、レアンヌを助けるためフランクの銃を奪おうとするなど、孤軍奮闘するが、レアンヌどころか警官や罪のない旅行中の家族までも巻き込んで死者は膨らみ、家族から生き残った少年と共に、カレンはブライアンの研究所に向かい、今度はブライアンと一緒にやはり20分前に逆戻りする。しかし、結果は同じでやはりレアンヌたちは助からない。もう一度、今度は逆行装置が破壊される限界を越えた1時間前にセットしてカレン、ブライアンは時間を逆行する。ようやくレアンヌは助かり、フランクは撃たれ死ぬことになった。

作品データ

原題
Retroactive
製作年
1997年
製作国
アメリカ
配給
ギャガ・コミュニケーションズ
上映時間
94分
製作会社
ブラッド・クレヴォイ-スティーヴ・ステイブラー・プロ作品

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?