学校III|MOVIE WALKER PRESS
MENU

学校III

1998年10月17日公開,133分
  • 上映館を探す

東京の下町にある職業訓練校に通い始めたひとりの中年女性を中心に、人生の再出発をかけてそこに集った人々の心の触れ合いを描いたヒューマン・ドラマ。監督は「虹をつかむ男南国奮斗篇」の山田洋次。脚本は、山田監督自身による原作と鶴島緋沙子の『トミーの夕陽』を基に、「釣りバカ日誌10」の朝間義隆と山田監督が共同執筆。撮影を「てなもんや商社」の長沼六男が担当している。主演は「GONIN2」の大竹しのぶと「あぶない刑事フォーエヴァー THE MOVIE」の小林稔侍。日本テレビ放送網開局45年記念作品。キネマ旬報日本映画ベスト6位。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

10年程前に夫を過労死で亡くして以来、小島紗和子は自閉症の息子・トミーとふたり暮らしをしている。ところがある日突然、彼女はそれまで勤めていた事務所を不況の影響で解雇されてしまう。一方、大手証券会社の部長だった高野周吉も会社からのリストラ勧告に憤慨し、自ら辞職。半年後、ふたりはある教室で机を並べていた。そこは、リストラされたサラリーマンや倒産した町工場の社長、経営に失敗した喫茶店のマスターなど、様々な人が人生の再出発をかけて、ボイラー技師の資格を取る為に集まった都立の職業訓練校であった。共に学んでいくうち、次第に仲間意識が芽生え始める紗和子たち。しかし、高野だけは周りに馴染めずにいた。彼には、大手の会社で何人もの部下を使ってきた誇りがあり、また失業による家族との別居という問題があったのだ。だがある日、高野は教科書を忘れて帰った紗和子のために、家までそれを届けてくれ、彼の意外な優しさを知る紗和子。それから彼女は、遅刻の多い高野にモーニングコールをかけたり、夏休みには友人たちと一緒に海水浴へ誘ったりと、彼と親しくなっていく。ある日、トミーが交通事故に遭い入院する。看病と学業の両立の難しさから退校を考える紗和子だが、高野は励まし、力になる。やがてトミーも退院し、いよいよ試験の日がやってくる。結果は全員合格だった。卒業式の日、紗和子は高野とふたりきりでお祝いをしようとするが、高野は式に現れなかった。高野の妻が事業の失敗から自殺を図って、入院していたのだ。彼にほのかな想いを抱いていた紗和子は、それを自分の胸にそっと封じ込める。月日はめぐり、ビルの管理会社に就職した紗和子は、充実した日々を送っていた。しかしある日、乳がんを発症してしまう。手術に臨む彼女を、かつてのクラスメイトが見舞いに来る。そこには高野の姿もあった。彼の励ましに勇気づけられた紗和子は、手術室へ入っていくのだった。

作品データ

製作年
1998年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
133分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.3
  • モッピー

    5
    2020/5/19

    本作品含め山田洋次監督「学校」シリーズの三作目に当たる作品で小中高大学、専門学校でない事は参考までにシリーズのご参照にお願いいたしますm(__)m

    一作品目夜間中学
    二作品目養護学校
    三作品目職業訓練校
    四作品目登校拒否?

    本作品は職業安定所紹介の職業訓練校で巡り合う小林稔侍、大竹しのぶ含む訳あり学生達の人生模様が胸に刺さります!
    自閉症児を抱える母子家庭の大竹しのぶ、リストラ後もプライドを引きずる小林稔侍が痛々しくもお互いに労わる悲喜劇は沁みます・・・
    小林稔侍演じるリストラ男にちっぽけなプライドが邪魔しての滑稽さが自分を見たようで正直辛いけど・・・オカマバーマスター、在日韓国人等のアウトサイダーなサブキャラ面々が作品に厚みを与え、昨今何かと閉塞感な日常に元気を与えてくれる作品で学校シリーズでは一番好きな作品

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告