PERFECT BLUE(1998)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

PERFECT BLUE(1998)

1998年2月28日公開,81分
R15+
  • 上映館を探す

アイドルから女優へ転身を果たした主人公が遭遇する、悪夢の日々を描いたサイコ・スリラー・アニメーション。監督は「MEMORIES/彼女の想いで」の今敏。竹内義和の原作を基に、テレビ・シリーズの『ねらわれた学園』の村井さだゆきが脚色。撮影を「新世紀エヴァンゲリオン 劇場版」の白井久男が担当している。声の出演に、「天地無用! 真夏のイヴ」の岩男潤子ら。FANT・ASIA'97 PUBLIC PRIZE FOR THE BEST ASIAN FILM(グランプリ)受賞作品。R指定。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アイドル・グループ、チャムから独立し、女優へ転身を図った未麻の初仕事は、連続ドラマ出演だった。事務所の社長のプッシュで重要な役回りをゲットした彼女は、その見返りにアイドル時代には考えられないような、大胆なレイプ・シーンを演じなければならなくなる。それでも、元マネージャーのルミの反対を押しきり、役に挑戦する未麻。その甲斐あって、彼女の女優としての知名度は鰻登りに上がり始めるのであった。ところが、それと同時に彼女の身辺で怪事件が続発。脚本家の渋谷や、ヘアヌード・カメラマンの村野が殺害され、インターネットの彼女に関するホームページでは、何者かが彼女の名をかたって詳細な日記を書き綴っていたのだ。不安を募らせていく未麻は、やがてアイドル時代の自分の幻影と、熱狂的な追っかけの男の存在に脅え始める。女優への転身は間違っていたのだろうか。だが、社長と追っかけの男が殺されたことがきっかけとなり、未麻はルミが真犯人であったことを知る。アイドル・未麻の成長に自分の夢を重ねていた彼女は、未麻の女優転身に裏切られた思いを感じていた。やがてその思いは歪み、アイドル・未麻のイメージを壊していく人物に殺意を抱くようになっていったのである。そして、ルミは女優・未麻までもその手にかけようとする。しかし、未麻は辛くも彼女の魔手から逃げおおせることに成功。その後も、女優としての道を歩み続けるのであった。

作品データ

映倫区分
R15+
製作年
1998年
製作国
日本
配給
レックスエンタテインメント
上映時間
81分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5
  • shizuku

    3
    2013/6/16

    「AKIRA」の大友克洋も企画に加わり、世界で絶賛されたアニメ作品らしいです。インターネット、アイドル、ストーカーという1998年当時の社会問題を扱っていて、その頃は話題だったのでしょうが、今となってはそれも当たり前の時代になってしまったなぁと、違うところで考えさせられるものがありました。
    ファンタジー部分をはずし、アニメで現代的なサスペンスをどこまで描けるかがキーワードになる作品だと思いますが、アニメだから描けるというものでもなかった気がします。ちょっと期待はずれだったかな…。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • きっちゃん

    4
    2007/6/12

    画は独特で少し雑なところがありますが、内容は一流ですね。
    主人公が事件に巻き込まれていき、夢と現実の区別が付かなくなり、幻にも翻弄されていくという内容だが、作りが上手くて、観ている者も「どうなってんのー!」と、何が本当で幻影かが分からなくなっていき、ストーリーに引き込まれていきます。そして、結末も中途半端なものではなく、見事にまとまって満足の出来るものになっている。
    全ての真相がはっきりしてからラストへは本当に鳥肌ものです。
    お暇があったら是非観てみてください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告