クイーン・ヴィクトリア 至上の恋:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
クイーン・ヴィクトリア 至上の恋
クイーン・ヴィクトリア 至上の恋

クイーン・ヴィクトリア 至上の恋

1999年1月30日公開、106分、恋愛
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

英国史上最長の王位を誇るヴィクトリア女王(在位1837~1900)の秘められた恋を描いたラヴ・ロマンス。監督は「哀愁のメモワール」のジョン・マッデン。脚本はジェレミー・ブロック。製作は「従妹ベット」のサラ・カーティス。製作総指揮はダグラス・レイ、アンドレア・コールダーウッド、レベッカ・イートン、ナイジェル・ウォールグリーン。撮影はリチャード・グレートレックス。音楽はスティーヴン・ウォーベック。美術は「ある貴婦人の肖像」のマーティン・チャイルズ。出演は「眺めのいい部屋」「ハムレット」のジュディ・デンチ、「ポカホンタス」(声優として)のビリー・コノリー、「リチャード三世」のアンソニー・シェールほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1861年。ヴィクトリア女王(ジュディ・デンチ)は夫アルバート公を亡くし、3年もの長きに渡りワイト島のオズボーン宮に蟄居して喪に服した。滞った公務を処理すべく、政財界は公のスコットランド人従僕ブラウン(ビリー・コノリー)を悲嘆に暮れる女王の馬の世話係として宮に派遣。純朴な彼は女王の憔悴ぶりを目のあたりにして衝撃を受ける。中庭で白い馬と共に女王を待つブラウンの姿を何日もの間目にした女王は、連れ出されるように久々に戸外へと出る。規則を破って女王を外に連れ出したりする献身的なブラウンに、やがて女王は心を開くようになっていった。心ない周囲の動きもあったが、女王のために忠誠を尽くし続けるブラウンは女王の心に変化をもたらしていた。司祭にとまどう胸の内を明かす女王。いっぽう、ブラウンは彼に悪意を持つ人々のためにあらぬ誤解を受け苦しみ、ついに女王にその危害が及ぶことを恐れて辞職を願い出た。だが、女王は「私はあなたなしでは生きていけない」と告げて彼の手をとって口づけをする。ブラウンも女王の手に長く接吻を返すのだった。

作品データ

原題
Mrs. Brown
製作年
1997年
製作国
イギリス
配給
松竹富士
上映時間
106分
製作会社
アン・エコッセ・フィルムズ作品(ミラマックス・インターナショナル=BBCフィルムズ=WGBH?モービル・マスターピース・シアター提供/製作協力*アイリッシュ・スクリーン
ジャンル
恋愛

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?