ワイルドシングス|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ワイルドシングス

1999年2月6日公開,108分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

フロリダを舞台にスリリングな男女の駆け引きが展開するサスペンス。監督は「恋に落ちたら…」のジョン・マクノートン。脚本は「対決」のスティーブン・ピーターズ。製作は「ハード・プレイ」のロドニー・リヴァーと「ヘンリー」 のステイーヴン・A・ジョーンズ。製作総指揮は主演のケヴィン・べーコン(「スリーパーズ」)。撮影は「トゥルー・ロマンス」のジェフリー・L・キンボール。音楽は「オースティン・パワーズ」のジョージ・S・クリントン。美術は「ザ・ロック」のエドワード・T・マッカボイ。衣裳はTVシリーズ『ビバリーヒルズ高校白書』のキンバリー・A・ティルマン。編集はエレナ・マガニーニ。共演は「メリーに首ったけ」のマット・ディロン、「スクリーム」のネーヴ・キャンベル、「スターシップ・トゥルーパーズ」のデニース・リチャーズ、「キングピン」のビル・マーレー、「ボンデージ」のテレサ・ラッセルほか。劇場公開されていない過激な未公開映像を加えたエロティック・バージョン版は、115分で劇場未公開。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

女子高生ケリー(デニース・リチャーズ)は進路指導教諭サム(マット・ディロン)にレイプされたと訴える。法廷での争いに発展し、サムはボウデン弁護士(ビル・マーレー)に助力を求めた。警官のデュケ(ケヴィン・ベーコン)は調査の過程で彼女の同級生スージー(ネーブ・トーラー)もかつてサムにレイプされたことをつかむ。だが裁判でスージーは自らのレイプも、ケリーのレイプも偽証だと明かした。サムヘの嫌疑は晴れ、示談金として850万ドルを得た。彼はその夜ケリーとスージーと喜びを分かちあう。すべてはケリーの母親から金を巻き上げるための作戦だった。一方デュケは三人が共犯ではないかと疑っていた。そんな中、スージーがサムに撲殺された。ケリーがスージー事件に絡んでいると踏んだデュケは、誤って彼女を銃殺してしまい、免職になった。実は免職も計算のうちで、サムとデュケが落ち合うための策略だった。二人きりのヨットの上で今度はサムがデュケを殺そうとする。デュケの反撃で危機一髪のサムを救ったのは死んだはずのスージーだった。その後彼女に毒を盛られ、苦痛にゆがむサムを尻目にスージーは一人祝杯をあげる。岸に上がった彼女はボウデン弁護士から示談金を受け取るのだった。

作品データ

原題
Wild Things
製作年
1998年
製作国
アメリカ
配給
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
上映時間
108分

[c]キネマ旬報社

動画配信

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?