シューティング・スター:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
シューティング・スター
シューティング・スター

シューティング・スター

1999年5月22日公開、90分、恋愛/サスペンス・ミステリー
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

若い男女の逃避行をスタイリッシュに描くラヴ・サスペンス。監督は本作が長編デビュー作のグラハム・ギット。脚本はギットと「ドーベルマン」(製作)のエリック・ネヴェ。製作はネヴェとフレデリック・ロブ。撮影はオリヴィエ・カリウ。音楽はルイ・デュピール。美術はジル・シャパ。衣裳はジャン・マルク・ミレット。出演は「夏物語」のメルヴィル・プポー、「ヴィゴ」のロマーヌ・ボーランジェ、「ぼくのバラ色の人生」のジャン・フィリップ・エコフェ、「天使が見た夢」のエロディ・ブーシェほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

レニー(メルヴィル・プポー)は赤ん坊の頃、ヒッピーに強盗に入られ両親を殺されてしまう。成長したレニーはナンパなチンピラになっていた。あるとき、ロンドンでコカインを手に入れ、一発当てようとパリヘ向かう。知り合いのクローデュース(ジャン・クロード・フラマン)に大物のジョエル(ジャン・フィリップ・エコフェ)を紹介してもらったが、取り引きの現場に来たのはジョエルの恋人、ジュリエット(ロマーヌ・ボーランジェ)。ジュリエットに恋をしたレニー。だが、ベッドイン寸前にジョエルに見つかり、殴られた上に金も奪い返されてしまう。ジョエルにうんざりしたジュリエットはジョエルの麻薬を盗み、レニーと逃亡、二人はほかの売人と取り引きをしようとする。トラブルの末、生来の運のよさで大金を手に入れたレニーとジュリエット。目覚めるとジュリエットはいなかった。だが、彼女は南米・チリの「世界一星が美しい場所」で待っていたのだ。二人は星を見ながら抱き合うのだった。

作品データ

原題
Le Ciel est a nous
製作年
1997年
製作国
フランス
配給
シネマパリジャン配給(ギャガ・コミュニケーションズ=日本コロムビア提供)
上映時間
90分
製作会社
ラ・ショーヴスリ=フレデリック・ロブ・プロ作品
ジャンル
恋愛サスペンス・ミステリー

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?