葡萄酒色の人生 ロートレック:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
葡萄酒色の人生 ロートレック
葡萄酒色の人生 ロートレック
-

葡萄酒色の人生 ロートレック

1999年9月3日公開、128分
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

19世紀末のフランスの画家、ロートレックの生涯を描いた人間ドラマ。監督・脚本は「ルイ、少年王」のロジェ・プランション。製作は「ヨーロッパ、ヨーロッパ」のマルガレート・メネゴズ。撮影はジェラール・シモン。音楽は「グラン・マスクの男」のジャン・ピエール・フケイ。美術は「プロヴァンスの恋」ジャック・ルクセル。衣裳はピエール・ジャン・ラロック。主演は「ルイ、少年王」のレジス・ロワイエ、「恋人たちのポートレート」のエルザ・ジルベルシュータイン、共演は「女優マルキーズ」のアネモーネほか。

ストーリー

1864年、南フランスのトゥールズで名門ロートレック家の長男が産まれた。画家ロートレックの誕生である。アンリと名付けられたその子はすくすくと育つが、15歳のときの骨折が原因で、足の成長が止まってしまう。アンリ(レジス・ロワイエ)はやがて好きな絵の才能を伸ばすため、パリのアトリエで学びはじめる。やがてモンマルトルのキャバレー、ムーラン・ルージュに通いつめるようになり、尊敬するドガ(ヴィクトール・ガリヴィエ)にも認められてますます絵にのめりこむ。ある日、アンリは行き付けのバーで激しく口論する女性を見かける。彼女こそルノワール、ドガなどのモデルをつとめ、自らも絵筆をとるシュザンヌ(エルザ・ジルベルシュタイン)だった。彼女はのちの画家ユトリロを私生児として産み、貧しい生活に耐えていた。アンリとシュザンヌの激しい恋が始まる。そんな中でアンリたちが出会ったのがヴィンセント・ヴァン・ゴッホ(カレル・ヴァンジェールオエ)だった。アンリはゴッホの才能を絶賛、だがゴッホは成功を待たず自殺してしまう。アンリとシュザンヌもやがて仲たがいするようになり、彼女はアンリの元を去る。ますます酒と女に溺れるようになったアンリは梅毒とアル中に冒される。母の住む城に戻ったアンリは美しい海の夢を見ながら、36年の葡萄酒色の人生の幕を閉じたのだった。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Lautrec
製作年
1998年
製作国
フランス
配給
日本ヘラルド映画
初公開日
1999年9月3日
上映時間
128分
製作会社
レ・フィルム・ロザンジュ=レ・ステュディオ・カナル・プリュス=フランス3シネマ=スペイン*ソヘテル作品


[c]キネマ旬報社