大阪物語(1999)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

大阪物語(1999)

1999年3月27日公開,119分
  • 上映館を探す

漫才師の両親を持つ多感な少女の心の成長を、大阪の暮らしや四季のうつろいの中に綴った青春ドラマ。監督は「たどんとちくわ」の市川準。脚本は「何もかも百回も言われたこと」の犬童一心。撮影を「たどんとちくわ」の小林達比古と「つぐみ」の蔦井孝洋が担当している。主演は、映画初出演の池脇千鶴と新人・南野公助、そして「虹をつかむ男」の田中裕子と「夢二」の沢田研二。関西テレビ開局40周年記念、芸術文化振興基金助成作品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

中学2年の若菜の両親は、・はる美&りゅう介・という売れない夫婦漫才師。ふたりのネタはいつもワンパターンで、若菜と10歳になる弟の一郎は両親の真似をしてはご近所さんを喜ばせている。そんな一家4人、決して裕福な暮らしではないが幸せな毎日を送っていた。ところがある日、隆介が妙子という20歳も年下の女性をはらませてしまった。これまでも夫の浮気を大目に見てきた春美ではあったが、今回ばかりは堪忍袋の緒が切れた。漫才師としてのコンビは解消しなかったものの、夫婦としてのコンビを解消する春美。一方、春美に三行半を突きつけられた隆介は妙子と再婚すると、元の家から4軒先の家で暮らし始めるのだった。年が明けて、妙子は千里という女の子を生んだ。そして、春美と隆介は先々のことを考えて・カップル・というスナックをオープンした。別れた筈なのに、結婚している時より仲の良い両親。そんなふたりのややこしい関係を理解出来ないながらも、若菜は腹違いの妹の面倒をみたり、家事をよく手伝った。だがその矢先、再び隆介の浮気の虫が疼きだした。今度は、マジシャンの助手に手をつけたらしい。これに呆れた妙子は、千里を置いて家を飛び出してしまう。仕方なく千里を引き取って面倒を見ることになった若菜一家。しかし、妙子に捨てられたことが余程ショックだったのか、隆介は酒に溺れるようになり、ある日、消息を絶ってしまった。夏休みになると、若菜は隆介を探す旅に出た。そんな中、彼女は登校拒否で学校に顔を出さなくなった同級生のトオルと再会する。トオルと共に隆介を探して様々な大阪の町や風景を見て回る若菜。やがて、彼女は人々が語る隆介の意外な一面や自分自身の内面を見つめ直すようになっていく。しかし、肝心の隆介は一向に見つからなかった。次第に隆介が大阪を離れてしまったのではないかと考えるようになる若菜。だが、元夫婦漫才師の大先輩・カナの「大阪に一度住んだ者は、大阪を離れられない」という言葉に、隆介がまだ大阪にいることを確信。更に、古い知り合いの元に隆介から暑中見舞いが届いたことを聞いて一安心する。ところが、そんな若菜とトオルの前に補導員とトオルの喧嘩相手が現れた。橋で挟み撃ちにあうふたり。追いつめられたトオルは、若菜に別れを告げると河へ飛び込んだ。河の流れに逆らって泳いでいくトオルの姿を逞しく思いながら見送る若菜。そんな彼女に、補導員は隆介が車の事故で入院したと知らせた。急いで病院に駆けつけた若菜は、そこで久しぶりに家族と顔を合わせるのだった。それから、隆介が死んだのは一カ月後のことだった。葬式で、春美は夫婦の墓を隣同士に作る計画を若菜に話して聞かせた。いろんなことがあった中学時代。もうすぐそれに別れを告げ、若菜は未来へ向けて歩き出そうとしている----。

作品データ

製作年
1999年
製作国
日本
配給
東京テアトル=「大阪物語」製作委員会
上映時間
119分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.3
  • 水口栄一

    5
    1ヶ月前

    大阪物語を観た。私は大阪生まれの大阪育ちだ。20代の頃、関東にはいたが、ほとんど大阪で過ごしている。それだけにこの映画はあまりにも親近感があって、とてもホットな気持ちにさせてくれた。そして共感できるところがいっぱいあった。感謝の気持ちでいっぱいだ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告