天使に見捨てられた夜|MOVIE WALKER PRESS
MENU

天使に見捨てられた夜

1999年7月10日公開,109分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

新宿二丁目を舞台に、失踪したAV女優の行方を探す孤独な女探偵の心象を描いたミステリー・ロマン。監督は「MIDORI」の廣木隆一。桐野夏生による同名小説を基に、「イノセント・ワールド」の小川智子が脚色。撮影を「黒の天使 Vol.1」の佐藤和人が担当している。主演は「極道の妻たち 赤い殺意」のかたせ梨乃。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

38歳、夫と死別して今は独身の村野ミロは、引退した父の跡を継ぎ新宿二丁目で探偵事務所を開いている孤独な女探偵だ。ある日、女性の人権を守る運動をしている友人・渡辺からの依頼で、失踪中のAV女優・一色リナの行方を探すことになった彼女は、早速調査を開始するも、姿なき脅迫者からリナ探しを止めるように脅されてしまう。そんな彼女の心の支えになってくれたのは、隣人で二丁目のバー「ナイトフライ」を経営する友部であった。彼もまた、自分の性癖故に妻と別れ孤独な日々を送っていた。お互いの過去に同じ匂いを感じたふたりは急速に惹かれ合っていくが、決して結ばれることはなかった。さて、リナの行方を追ってビデオ製作会社をあたったミロは、そこでAV監督の矢代に出会う。リナの行方を尋ねるミロに非協力的な矢代。ミロは彼の態度に嫌悪するが、その一方で彼とのセックスに溺れていってしまう。そんな折、渡辺が何者かに殺害された。調査を進めるミロは、リナがあるゼネコン社長の夫人・八田牧子と先頃殺害された伝説のロッカー、トミーとの間に生まれた子供であったことを突き止める。そして、それをネタに渡辺が牧子を強請っていたことも。リナの出生の秘密を知る渡辺とトミーは、牧子によって殺害されたのだ。矢代に匿われていたリナが発見され、牧子が自首したことで事件は解決した。しかし、どこか心の晴れないミロ。いつしか、彼女は友部と寄り添うように暮らし始める。

作品データ

製作年
1999年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
109分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?