200本のたばこ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
200本のたばこ
200本のたばこ

200本のたばこ

1999年11月20日公開、102分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

大晦日、年越しパーティーに集う独身男女の姿をコミカルに描いた恋愛群像劇。監督は「ピースメーカー」などのキャスティング・ディレクターとして知られるリサ・ブラモン・ガルシアで、本作が監督デビュー。脚本はシェイナ・ラーセン。撮影は「リアル・ブロンド」のフランク・プリンゼ。音楽は「ハンナとその姉妹」のマイケル・ブラモン。出演は「恋は嵐のように」のベンとケーシーのアフレック兄弟、「I love ペッカー」のクリスティーナ・リッチ、「ラリー・フリント」のコートニー・ラヴほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1981年12月31日。大晦日のお祭り気分に浮かれるニューヨーク。モニカ(マーサ・プリンプトン)は年越ホームパーティーの準備を終えて、人が集まるのを待っている。パーティーに呼ばれた人々は、新年の朝を迎える飛び切り素敵なパートナーを確保しようと街をさまよっていた。大晦日が誕生日のケヴィン(ポール・ラッド)はふられたばかり。落ち込むケヴィンにルーシー(コートニー・ラヴ)は1カートンのタバコをプレゼント。寄ったバーのバーテン(ベン・アフレック)に目を付けたルーシーだが、ケヴィンと恋愛について語り合ううち盛り上がってしまう。が、ケヴィンの元恋人が偶然現れその気も失せ、ケンカしてしまう。郊外からやってきたモニカの従妹ヴァル(クリスティーナ・リッチ)は友達のステフィ(ギャビー・ホフマン)と道に迷い、怪しげな路地でパンク少年の二人組トム(ケイシー・アフレック)とデイヴ(ギレルモ・ディアス)にナンパされていた。ブリジット(ニコール・パーカー)は恋人のエリック(ブライアン・マッカーディ)が昔の恋人モニカのパーティーに行こうと言われ、気分を害して友達のケイトリン(アンジェラ・フェザーストン)と他の男を探しに行こうとする。男のことでケンカするふたりはタクシー運転手になだめられ女の友情を大切にしよう、と誓い合う。純なシンディ(ケイト・ハドスン)は女たらしのジャック(ジェイ・モア)とデートするが失敗ばかり。夜は更け、皆誰と朝を迎えるのか…。ヤケになって酒を飲んで寝てしまったモニカが朝目を覚ますと、部屋がめちゃめちゃに。モニカが寝ている間にみんなパーティーに現れ、ドンチャン騒ぎをして帰ったのだ。みなはいつの間にか素敵なパートナーを確保して大満足。ケヴィンとルーシーは友達の一線を越え、めでたく恋人に。ブリジットはバーテンと、ケイトリンはなんとタクシー運転手と。ヴァルはシンディにうんざりしていたジャックと朝を迎え、ヴァルにふられたトムはシンディと恋に落ちたのだった。

作品データ

原題
200 Cigarettes
製作年
1999年
製作国
アメリカ
配給
アスミック
上映時間
102分
製作会社
パラマウント・ピクチャーズ=レイクショア・エンターテイメント作品

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?