難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版PARTXIII リストラの代償|MOVIE WALKER PRESS
MENU
  • 映画TOP
  • 作品情報
  • 難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版PARTXIII リストラの代償

難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版PARTXIII リストラの代償

1999年10月15日公開,86分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

リストラの名目で社員を不当解雇する会社に、おなじみミナミの金貸し・萬田銀次郎が正義の牙を剥く金融ドラマ・シリーズの劇場版第14作(特別編含む)。監督は「難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版PART7」の萩庭貞明。天王寺大と郷力也による原作コミックを下敷きに、「惚れたらあかん 大紋の掟」の友松直之が脚本を執筆。撮影を「難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版PART7の三好和宏が担当。主演は「CHAKA2」の竹内力。ゲスト出演に「ハネムーンは無人島」の森川正太。スーパー16ミリからのブローアップ。1999年5月29日 大阪・天六ホクテンザ1にて先行上映。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

3年前、20年勤めた広島のヒロタカ商事をリストラの名目で解雇され、今は大阪で小さな探偵事務所を開いている宇田川。人の好い性格が災いして、何をやってもうまくいかない彼には、萬田金融に多額の借金があった。ある日、銀次郎から借金返済を迫られた宇田川は、会社から未だに退職金をもらっていないことに気づき、広島へと出向く。しかし、会社側はけんもほろろの対応。切羽詰まった宇田川は、アタリ屋となってヒロタカ商事の社長の車に飛び込むも、それがバレてかえって大損をしてしまう。そんな彼を見かねた銀次郎は、宇田川に解雇通告した木村専務が、実は宇田川に「明日から会社に来なくていい」と発言していたことを逆手に取り、宇田川は単に業務命令に従い自宅待機していただけでまだ会社を解雇されていない、とごり押し。みごとにその間の未払い分の給料とボーナス、そして退職金を巻き上げることに成功するのだった。

作品データ

製作年
1999年
製作国
日本
配給
ケイエスエス
上映時間
86分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?