修羅がゆく10 北陸代理決戦|MOVIE WALKER PRESS
MENU

修羅がゆく10 北陸代理決戦

2000年2月25日公開,98分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

北陸・金沢を舞台に、本郷と伊能の闘いを描いたバイオレンス・アクションシリーズ第10弾。監督は「修羅がゆく9 北海道進攻作戦」の小澤啓一。川辺優と山口正人による同名コミックを下敷きに、小澤監督と樽原卓展、和久田正明が合同で脚本を執筆。撮影を「絆」の丸池納が担当している。主演は「修羅がゆく9 北海道進攻作戦」の哀川翔。ゲストスターに「DOA<DEAD OR ALIVE 犯罪者>」の鶴見辰吾と「ちぎれ雲 いつか老人介護」の藤森夕子。1999年9月4日 大阪・千日前国際シネマにて先行公開。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

能登空港建設に伴うリゾート開発計画に目をつけた伊能は、建設を巡る利権を狙って北陸は石川県金沢に飛んでいた。ところで、その金沢神先祖から奪うべく、傘下の南波組を使って空港開発公団との癒着を図る。更に、神先組組長・神先憲介の妻の弟を人質にとって、神先組に建設工事から撤退させようと画策。そんな伊能の企みを聞きつけた本郷は、伊能を追って金沢へ潜入すると、伊能と決着をつけようとする神先と手を組み壮絶な闘いを展開し、見事伊能の計画を阻止してみせるのだった。しかし、その闘いで神先が命を落とし、またしても伊能を取り逃がしてしまう。

作品データ

製作年
1999年
製作国
日本
配給
東映ビデオ
上映時間
98分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.4

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?