ザ・ドラえもんズ ドキドキ機関車大爆走!|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ザ・ドラえもんズ ドキドキ機関車大爆走!
ザ・ドラえもんズ ドキドキ機関車大爆走!

ザ・ドラえもんズ ドキドキ機関車大爆走!

2000年3月4日公開,17分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

未来の街の危機を救う為に集められたドラえもんズの活躍を描いた、劇場版「ドラえもん」の併映短編アニメーションのシリーズ第5弾。監督は「ザ★ドラえもんズ 怪盗ドラパン謎の挑戦状!」で演出を担当した錦織博。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを下敷きに、池田眞美子が脚本を執筆。撮影監督に「おばあちゃんの思い出」の熊谷正弘があたっている。声の出演に「ザ★ドラえもんズ おかしなお菓子なオナシナナ?」の難波圭一と「地獄先生ぬ~べ~ 恐怖の夏休み!!妖しの海の伝説!」の白鳥由里ら。尚、本作は「ドラえもん のび太の太陽王伝説」の併映作品として公開された。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

二十二世紀。悪の科学者・アチモフによって、パワー・センターからエネルギー・カプセルが盗まれた。街を救う為に集められたドラえもんズに与えられた任務は、たったひとつ残されたエネルギー・カプセルを2時間以内にパワー・センターに運ぶこと。しかし、電気が使えない今、動くのは博物館から引っぱり出してきたオンボロ蒸気機関車だけ。アチモフの妨害をくぐり抜け、パワー・センターに向かうドラえもんズ。ところが、機関車に乗り移ったアチモフが機関士のロビンを人質に取ってしまった。しかし、ドラ・ザ・キッドの活躍でカプセルを取り戻すことに成功。無事、エネルギー・センターに到着したドラえもんズだったが、実はカプセルは敵を欺く為のダミーで、ロビンのしていたペンダントがエネルギー・カプセルだったことが分かる。何はともあれ、ドラえもんズたちは無事任務を完了し、街は危機から救われる。

作品データ

製作年
2000年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
17分
製作会社
シンエイ動画=小学館=テレビ朝日作品(制作協力 藤子プロ=ASATSU-DK)

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

「ドラえもん」の映画