ロード・オブ・ザ・リング|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ロード・オブ・ザ・リング

2002年3月2日公開,178分
  • 上映館を探す

世界的ベストセラー小説「指輪物語」を、「乙女の祈り」の鬼才ピーター・ジャクソンが映画化した3部作の第1弾が登場。世界を滅ぼす魔力を秘めた、伝説の指輪をめぐるファンタジーだ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

時は中つ国第3紀。2500年前に闇の冥王サウロンが作り出した邪悪な指輪が、ホビット族のフロドのもとへ。フロドは国の危機を救うために9人の仲間を結成し、指輪を破壊する“滅びの亀裂”へと旅立つ。

作品データ

原題
The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring
製作年
2001年
製作国
アメリカ
配給
日本ヘラルド映画=松竹(日本ヘラルド映画=松竹=角川書店=電通=フジテレビジョン=ポニーキャニオン=丸紅 提供)
上映時間
178分

[c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

4.3
  • アスピリクエタ

    4
    2014/8/9

    この作品の原作は「指輪物語」という20世紀最高とも言われている小説を映画化したもの。映画化不可能とも言われていたが、莫大な制作費、撮影日数、エキストラにより映像化された。
    これこそまさにファンタジーの世界。物語に迷い込んだ気分になる圧倒的なスケール。21世紀始まって早々にこれほどの映画が公開されて少しもったいない気もするが。
    「スターウォーズ」、「スタートレック」「ハリーポッター」と同様に映画史に永遠に残る長編映画。ご覧ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • Takahiro

    4
    2012/7/25

    ファンタジー系の映画では最高峰。
    ストーリー、映像、演出、音楽...すべてにおいて興奮させてくれる。

    この手の映画で大事なのは、魅せられる映像。
    そこにマッチングした音楽。
    登場人物(キャラクター)を引き立てるストーリーと演出。

    とにかくこれらが大切だと思うので。
    その点では、この作品は合格点...どころか、最高点。

    最初は観る気もなかったし、イマイチ気乗りしなかったんだケド。
    一本目を観終わった瞬間に、二本目&三本目を借りてきた。
    ...これは劇場で観たかったなァ。。。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 晴耕雨読

    5
    2009/7/26

     これは本物の情熱や感動、そして本物の恐怖が伝わってくるファンタジー。「悪」がリアルに描かれている点も魅力的です。計り知れない力を秘めた指輪をめぐる物語は、シンプルであると同時に複雑です。世界を「悪」の手から守るには、指輪を破壊しなければなりませんが、そのためにはオルドルイン山の「滅びの亀裂」に指輪を投げ込むしかありません。その大役を任されたホビット族のフロドは、エルフ族、人間など5つの種族から選ばれた仲間8人と旅に出ます。

     ピーター・ジャクソン監督の想像力は「悪」の香りに刺激されるようです。フロドたちを追跡する「黒の乗り手」が画面に出現すると、ストーリーは安定感を倍増してきます。しかし、善良なキャラクターになると底が浅くなる。ケイト・ブランシェットが演じるエルフ族の女王は、カレンダーによくあるロマンチックな人物画のようです。

     全くのはまり役は、ブロドを演じるイライジャ・ウッド。アニメのように大きな目や以外に太い首が、現実離れした雰囲気を醸しながら信念と臆病さを感じさせます。暴力的シーンも満載ですが、安っぽいスリルを超越した魅力があります。ヒーローたちに生き延びて欲しいと熱願してしまうエンターテインメントの名作です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告