THE PRINCESS YEAR|MOVIE WALKER PRESS
MENU

THE PRINCESS YEAR

2002年3月30日公開,60分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

野に下っていた王子の結婚を巡って繰り広げられる、3つの恋の行方を描いたハートウォーミング・コメディ。監督・脚本は、映像クリエイターコース1期生の寺尾淳。撮影を「石山飯店」の山崎大輔が担当している。出演は、樋口史、今野陽介、為田真美、宇賀那健一、栗原瞳、小島誠ら。アートスクールENBU[演劇&映画]ゼミナールの生徒が劇場公開を前提として製作した作品で、短篇映画の特集『ENBUゼミムービーセレクション2002 ドロップ・シネマ・パーティー/スカラシップ・シネマ』で上映された。DV作品。ビデオプロジェクターによる上映。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

王政の敷かれたさくら王国。この国の王子は、10歳になると王室を離れ、民衆の中で人知れず生活し、20歳になると王妃を連れて王室へ戻ると言う習わしがあった。そして、今年は王子・寿臣が20歳を迎える年。巷では、誰が王子なのかが大きな話題となっていた。王室に入ってハッピーな一生を過ごそうと、王子探しに懸命なミユキ。彼女が目をつけたのは、勉強ばかりしている冴えない宮内寿臣。既成事実を作ってしまえと奮闘する彼女であったが、彼はそんな彼女の目論見を見抜いていた。クラスメイトの村瀬に好意を抱く高校生の滝沢は、彼女がある大学生に秘かな想いを寄せていることに気づき、彼を調査する。そして、その大学生が誉田寿臣と言う名前だと知った滝沢は、彼が王子かも知れないから好きなのかと村瀬に尋ねるが、多感な彼女は彼の言動に傷ついてしまうのであった。病気がちな父親に代わって、家業の魚屋を切り盛りするしのぶ。彼女には、彼女を姉と慕う伊藤寿臣と言う幼友達がいた。そんな彼に、しのぶはいつしか恋心を抱くようになっていたが、本人は寿臣と言う名前を使って夜遊びを繰り返すばかり。彼女の気持ちに気づく気配すらない。だが実は、彼こそが本物の王子であったのだ。驚きを隠せない彼女に、彼は結婚の為なら王位継承を捨て魚屋を継ぐと告白する。それから数日後、伊藤寿臣としのぶの婚約が発表された。そしてそれと同じ日、宮内寿臣に対する自分の過ちに気づいたミユキは彼に想いを告げ、村瀬もまた自分のことを真剣に想っていてくれる滝沢の気持ちに応えるのだった。

作品データ

製作年
2001年
製作国
日本
配給
ENBU[演劇&映画]ゼミナール
上映時間
60分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?