たそがれ清兵衛|MOVIE WALKER PRESS
MENU

たそがれ清兵衛

2002年11月2日公開,129分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

藤沢周平の人気時代小説を「男はつらいよ」の山田洋次監督がリアルに映画化。幕末を舞台に、名もない下級武士の正直な生き方と、家族の絆をしみじみと描く感動作だ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

江戸時代末期、庄内の海坂藩。御蔵役を務めるやもめのさむらい・清兵衛は、娘2人と老母を抱え、家事と内職に追われる毎日。ある時、友人の代役で決闘に挑んだ彼は、剣の腕を買われ、藩からある命令を受ける。

スタッフ

山田洋次

監督、脚色

大谷信義

製作

萩原敏雄

製作

岡素之

製作

宮川智雄

製作

菅徹夫

製作

石川富康

製作

小林昂

たそがれ清兵衛製作委員会

平井文宏

たそがれ清兵衛製作委員会

奥田誠治

たそがれ清兵衛製作委員会

山崎喜一朗

たそがれ清兵衛製作委員会

田村雄二

たそがれ清兵衛製作委員会

吉井伸吾

たそがれ清兵衛製作委員会

林正俊

たそがれ清兵衛製作委員会

長坂勉

たそがれ清兵衛製作委員会

江川友浩

たそがれ清兵衛製作委員会

佐藤学

たそがれ清兵衛製作委員会

湯浅政一

たそがれ清兵衛製作委員会

飯田隆

たそがれ清兵衛製作委員会

青木貞茂

たそがれ清兵衛製作委員会

中田清

たそがれ清兵衛製作委員会

古屋文明

たそがれ清兵衛製作委員会

藤沢美枝子

たそがれ清兵衛製作委員会

市川賢一

たそがれ清兵衛製作委員会

小松賢志

たそがれ清兵衛製作委員会

佐野俊広

たそがれ清兵衛製作委員会

長谷川一郎

たそがれ清兵衛製作委員会

山崎克己

たそがれ清兵衛製作委員会

秋元一孝

たそがれ清兵衛製作委員会

中川滋弘

プロデューサー

深澤宏

プロデューサー

山本一郎

プロデューサー

相場貴和

製作主任

阿曽芳則

製作主任

峰順一

製作担当

斉藤朋彦

製作担当

藤沢周平

原作

朝間義隆

脚色

長沼六男

撮影

中岡源権

照明

石井巌

編集

岸田和美

録音

出川三男

美術

西岡善信

美術監修

島村篤史

装飾

黒澤和子

衣裳デザイン

松田和夫

衣裳

湯沢恵美子

衣裳

冨田勲

音楽

小野寺重之

音楽プロデューサー

浅梨なおこ

音楽編集

金田正

スチール

鈴木さゆり

スチール

帆苅幸雄

音響効果

原口智生

特殊造型

久世浩

殺陣・所作

夏坂祐輝

殺陣・所作

花輪金一

監督助手

井上陽水

主題歌

作品データ

製作年
2002年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
129分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • rikoriko2255

    マーティン

    4.0
    2006/12/23

    昨日テレビで放映されたものを観ました。
    以前に一度DVDで観ていましたので、二度目になります。今回はゆっくり、じっくり観ることができました。

    幕末の庄内地方の自然と風景が郷愁を掻き立てます。下級武士の貧しい暮らし振りも良く分かります。
    当時の城勤めの武士も現代のサラリーマンと同じ行動をしていたのですね。
    一家の主人は子や親を養うために責任を持って守っていたわけです。

    しかし宮沢りえは楚々としてかわいくて美しくて才色兼備で、針仕事はできるし子のあやし方もうまい、世の男性が理想とする女性像を演じていました。(これは現在公開されている武士の一分の檀れいさんにも言えることです。)

    後半のクライマックスの果し合いの場面、田中泯さんはうまい。
    藩内一の剣の使い手、上司の命令への反抗、病弱さ、酒びたり、不眠、剣の分かる者への共感、若者との選手交替などを含んでいても、「俺を甘く見たな」という老人の気骨さも出していました。

    この作品は下級武士でも一家の主人としての責任の持ち方と、幼なじみとの憧れラブロマンスを描いているように思います。
    田舎のきれいな自然と郷愁と、日本人の特徴である慎ましやかの良く現れた心温まる作品であると思います。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告