蝉しぐれ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
蝉しぐれ
蝉しぐれ

蝉しぐれ

2005年10月1日公開、110分、歴史
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

藤沢周平の傑作を黒土三男監督が15年の歳月を費やして映画化。下級武士の父との絆や、幼なじみへのせつない思いを四季折々の風景に重ねて繊細に描きだす。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

海坂藩の下級武士の息子・文四郎は、謀反の罪で切腹させられた父の言葉に従い、剣の道に励む日々を送っていた。ある日、文四郎は幼なじみで恋心を抱いていたふくが、藩主の子を流産したという話を聞く。

キャスト

作品データ

製作年
2005年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
110分
製作会社
映画「蟬しぐれ」製作委員会(電通=東宝=セディックインターナショナル=ケイセブン=ジェネオン エンタテインメント=テレビ朝日=朝日放送=メ~テレ=朝日新聞社=東京都ASA連合会)
ジャンル
歴史

[c]2005「蝉しぐれ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?