列車に乗った男:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
列車に乗った男
列車に乗った男

列車に乗った男

2004年4月10日公開,90分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

欧米の映画祭で絶賛された仏の名匠パトリス・ルコントの最新作。もう1つの人生に思いをはせる孤独な2人の男の、短くも崇高な魂の交流をしみじみと見つめた人間ドラマだ。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

シーズン・オフの小さな町に列車で降り立った流れ者のミラン。彼は町で出会った元教授マネスキエの古い屋敷に招かれて宿を得る。2人は人生を語り合ううちにしだいに心を通わせるが、やがてそれぞれに悲劇が訪れる。

作品データ

原題
L' Homme du train
製作年
2002年
製作国
フランス
配給
ワイズポリシー=アーティストフィルム
上映時間
90分
製作会社
シネ・ベー=ズールー・フィルム=ローヌ・アルプ・シネマ=FCC=テュベダル・フィルム=パンドラ・フィルム・プロダクション=シネマパリジャン=アーティストフィルム

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?