魚が出てきた日:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
魚が出てきた日
魚が出てきた日

魚が出てきた日

1968年6月1日公開、0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「その男ゾルバ」のギリシャ映画会の名匠マイケル・カコヤニスが製作・脚本・監督・衣裳デザインを担当した異色篇。撮影は「その男ゾルバ」のウォルター・ラサリー、音楽も同じく「その男ゾルバ」のミキス・テオドラキスが担当した。出演は「パリのめぐり逢い」のキャンディス・バーゲン、「将軍たちの夜」のトム・コートネイ、「寒い国から帰ったスパイ」のサム・ワナメイカー、「わが命つきるとも」のコリン・ブレイクリーほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1972年。ギリシャのエーゲ海上を飛んでいた軽爆撃機がカロス島付近の海上に墜落した。乗務していた、2人のパイロット(トム・コートネイ、コリン・ブレイクリー)は2個の原爆と金属製の箱をパラシュートで落とした。爆弾は海中に、箱はカロス島にそれぞれ落下した。パラシュートで海に飛びこんだ2人のパイロットはやっとの思いで島に泳ぎついたが身分や素性など一切を極秘にせねばならず、何とか基地と電話連絡でもと考えたが、金もなかった。2人が相談してる間に金属製の箱は島の山羊飼によって彼の家に運ばれていた。一方、島には、ホテルの開発者に化けた20数名の軍関係者がやって来ており、彼らはホテルに恰好の敷地を探すとみせかけ、海中から爆弾を引き上げた。だが、彼らの目的物は高度の放射能物質が入っているらしいと思われる金属製の箱だった。どこかに箱があると確信するリーダー格のエライアイ(サム・ワナメイカー)が、極秘のうちにそれを探し出すため、島の半分を買いとってもいいと言い出したことから、島は一夜にして観光ブームが訪れた。その頃、山羊飼はあらゆる手段をつかって箱をあけようとしたが箱はいっこうにあきそうになかった。また、2人のパイロットは、島をうろつくうちに離れ離れになってしまった。そのうちにホテルの敷地とみせかけた所から遺物が発掘されるということが起こり、エレクトラ(キャンディス・バーゲン)をまじえた考古学者たちも集まってくるという騒ぎとなった。その発掘に必要な金属を切る強力な酸を、山羊飼がエレクトラの留守に盗み出し、箱に穴をあけた。ところが中身は、数個の卵型のカプセルであり、山羊飼はガッカリして海に捨ててしまった。哀れなのは2人のパイロットである。2人は乞食のまねをして島民から金を集めて、ようやく基地との連絡をとるといった有様だった。翌日、あたりの海には、無数の魚の死骸が浮かんでいた。

作品データ

原題
The Day The Fish Come Out
製作年
1967年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス
上映時間
0分
製作会社
20世紀フォックス

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?