真夜中の少女たち センチメンタル ハイウエイ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

真夜中の少女たち センチメンタル ハイウエイ

2006年8月12日公開,112分
  • 上映館を探す

東京近郊の地方都市を舞台に、5人の女子高生の放課後をリアルに描く。「シブヤドロップス」「ベットタウンドールズ」「クラッシュ・ザ・ウィンドウ」「センチメンタルハイウェイ」の計4編から成るオムニバス映画。出演は、『てるてるあした』の高部あい、ダンスユニットdreamの一員の長谷部優、CM『ポカリスエット-ジャック・バウアー編-』の上堂薗恭子、第8回全日本国民的美少女コンテストグランプリを受賞したの渋谷飛鳥、「蝉しぐれ」のヒロインを好演した佐津川愛美など。総合監修は「ベロニカは死ぬことにした」の堀江慶。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

母子家庭で育った里子(佐津川愛美)は、家の借金や今の自分など、すべてをリセットするために母親(星ようこ)と共にある作戦を実行することにする。思い出を振り返ろうと、昔、父親に連れていってもらった遊園地へ行き、帰宅すると借金取りの猪熊(津田寛治)がやってきた。今夜の極秘作戦を遂行するにあたり、最大の難関はこの男だった。猪熊は図々しく部屋を物色しながらも、悲しそうな顔で里子を見つめる。母娘は本当に、今夜すべてをリセットするのだろうか?

作品データ

原題
The Girls at midnight
製作年
2006年
製作国
日本
配給
デジタルサイト
上映時間
112分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?