幸福な食卓|MOVIE WALKER PRESS
MENU
幸福な食卓
幸福な食卓

幸福な食卓

2007年1月27日公開,108分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

吉川英治新人文学賞に輝いた瀬尾まいこの同名小説を映画化。自分の本当にやりたい事へとそれぞれが進み始めた家族の姿を温かい視線で見つめたドラマ。主演は新人の北乃きい。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

教師である父が“父親をやめる”と宣言し、佐和子の中学生活最後の1年は波乱のスタートとなった。母は家を出て、ひとり暮らしを始め、兄は大学進学を辞めて農業をやる始末。やがて、佐和子に高校受験が迫ってくる。

作品データ

製作年
2006年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
108分

[c]「幸福な食卓」ASSOCIATES [c]キネマ旬報社

  • かわうそ
    かわうそ
    4.0
    2007/2/2

    幸福な家族が、自分たちがいかに「幸福であるか」と言う事に、主人公 佐和子の恋をメインストーリーに、気づいて行くまでの話です。

    北乃きいの純粋な学生の演技は好感が持てましたが、大浦勉学は中学生には見えず、少し違和感がありました。

    ラストの河原の土手を歩くシーンは、ミスチルがこの映画の為にかいた曲「くるみ」と非常にピッタリあっていて感動的でした。
    色々な事があった佐和子が、迷いながら、後ろを時折振り返りながら、それでも最後にはキリっと希望に向かって歩いて行く姿は、映画「ユージュアルサスペクツ」のラストの様に爽快です。



    映画のテレビCMで、小林の最後の方の台詞を言ったり、大浦が死ぬシーンなどありましたが、せっかくなのでそういう重要な所は隠してほしかった所です。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告