ユメ十夜 第二夜:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
ユメ十夜 第二夜
ユメ十夜 第二夜

ユメ十夜 第二夜

2007年1月27日公開、110分、時代劇/文芸
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

明治の文豪・夏目漱石が1908年に発表した短編小説『夢十夜』を、10人の映画監督が映像化したオムニバス作品の第二夜。悟りを得ようとする侍の懊悩を描く。監督は「犬神家の一族」の市川崑。出演は「かあちゃん」のうじきつよし、「すずらん 少女萌の物語」の中村梅之助。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

男(うじきつよし)がうす暗い部屋に入って座ると、いつの間にか和尚(中村梅之助)がいる。そして男は、自分が侍だったことに気付く。「侍なら悟れぬはずはない」という和尚に挑発され、懸命に悟りを得ようとする侍。しかし一向に悟りはやってこない。それでも侍は、時計が次の刻を打つ前に悟りを得て、和尚の首をとろう、それができなければ死のう、と決意する。そんな侍を嘲笑うかのような和尚に、侍はしだいに殺気を募らせていく。

作品データ

製作年
2006年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
110分
製作会社
「ユメ十夜」製作委員会
ジャンル
時代劇文芸

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?