スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ

2007年9月15日公開,121分
PG-12
  • 上映館を探す

鬼才・三池崇史監督が、世界公開を視野に入れ、全編英語で製作した和製西部劇。伊藤英明扮するガンマンを間に挟み、豪華キャストが2派に分かれて愛と欲望のバトルを展開。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

源氏が平家を滅ぼした壇ノ浦の戦いから、数百年後の山間の村。伝説の宝を求めて、義経の源氏軍と清盛の平家軍が激しく対立していた。そこへひとりのガンマンが登場。彼を用心棒にしたい両軍が駆け引きを繰り広げる。

作品データ

映倫区分
PG-12
製作年
2007年
製作国
日本
配給
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
上映時間
121分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.6
  • rikoriko2255

    ビルバイン

    4.0
    2007/9/17

    スキヤキの名に恥じぬ濃厚な味付けです。 ウエストですがロケ地は東北だったらしいですね。 砂埃=泥というウエット感もニッポン、いやアジア・スパイス。 その濃厚さの中で キーンと来る”義経”の香味がたまりません。 争奪戦は置いといて日本の美に酔いしれてください(笑)

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    モットー

    3.0
    2007/9/16

    映画は何でもあり。やってはいけない事などはない。監督も俳優もここまでノリノリでやっている日本活劇は『五条霊戦記』以来久し振りだ。『浪人街』や『忠次旅日記』などの日本映画の原点に立ち戻るかのような大暴れ振りは大拍手喝采もの。 義経はかっこ良過ぎるし、弁慶のバカっぽい感じもいい。姑息な清盛はもっと気持ち悪いくらいでもいい。ベテラン俳優がちゃんと出ているのもいい。桃井かおり姐御のガン捌きは最高!石橋蓮司にはもっと活躍させてほしかった。 ピリンゴとルリ子とトシオの話をもっと中心に据えて、タランティーノにも二大勢力の戦いの中で大立ち回りを演じてほしかった。ゾンビのような姿でも助けに行くぞーってな感じでもよかった。日本語吹替えバージョンも見てみたい。 源氏も平家も金塊なんかそっちのけで、戦いの為の戦いに終始し、復讐の戦いがメインとなるが、何の為に戦っているのかわからない者たちがほとんどのように見える。やむにやまれぬ戦いとか、登場人物の背負っている背景がきっちり描き込まれていないと本当は変なのだけれど、アドレナリンの大爆発に全ては許される。 何と言っても、北島三郎の朗々と唄い上げる主題歌が素晴らしい。今年の紅白歌合戦のトリには是非この曲を歌ってほしい!年越スキヤキ鍋もいいですなぁ。 海外との共同出資ではなく、日本で外国語映画を撮って世界に発信してしまおうという着想は面白い。これから第二作、第三作と続いていくのかどうか楽しみだ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    setsuna

    5.0
    2007/9/15

    本当に不思議な和製ウエスタン映画ですね。 全編英語で制作されたからこそ、笑えるネタがあったり、 かっこよさが表現されていて良いです。 クエンティン・タランティーノがいい味を出してて、 桃井かおりとの絡みはコントですからね。 個人的な思いとして、これをみたら 「続・荒野の用心棒」という作品も見て欲しいです。 結構この作品へのオマージュが随所に取り入れられていて 両方見ると楽しめると思いますよ。 

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告