Little DJ 小さな恋の物語|MOVIE WALKER PRESS
MENU

Little DJ 小さな恋の物語

2007年12月15日公開,128分
  • 上映館を探す

実話をベースに生まれた小説を映画化した感動ドラマ。天才子役・神木隆之介演じる難病の少年と、ひとつ年上の少女とのせつない恋のゆくえを、1970年代の名曲に乗せて温かく紡ぐ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

学校で倒れて海辺の病院に運ばれた野球少年の太郎。ラジオのDJに憧れる彼は、入院生活が続くなか、院内放送のお昼のDJを任された。太郎の声は多くの患者を勇気づけ、やがて美少女たまきとの淡い恋が芽生えていく。

スタッフ

宮下昌幸

製作

松崎澄夫

製作

橋荘一郎

製作

渡辺純一

製作

坂上直行

製作

高野力

製作

坂井宏先

製作

森谷雄

製作、プロデューサー

橘田寿宏

エグゼクティブプロデューサー

千葉伸大

プロデューサー

遠藤日登思

プロデューサー

鬼塚忠

原作

三浦有為子

脚本

永田琴

脚本、監督

須永裕之

ラインプロデューサー

福本淳

撮影

市川徳充

照明

佐々木記貴

美術

渡辺真司

録音

石上正治

VE

今井剛

編集

宮下健作

助監督

松野拓行

制作担当

高橋智加江

衣装

今枝千佳

衣装

清水惇子

メイク

アイビー・チェン

スチール

原谷亜希子

キャスティング

盛夏子

プロデューサー補

片山慎三

演出助手

吉行良介

演出助手

宮崎剛

撮影助手

杉村高之

撮影助手

吉田淳志

撮影助手

柏原孝法

照明助手

内田浩策

照明助手

金子秀樹

照明助手

野村直樹

照明助手

小迫智詩

照明助手

池尾利夫

照明応援

石川喜昭

照明応援

鴨宮義幸

照明応援

小林仁

照明応援

建部孝一

照明応援

近松光

照明応援

永井左紋

照明応援

松尾文章

照明応援

宮尾康史

照明応援

飯塚乾

録音助手

中里崇

録音助手

川本七平

録音助手

大前亮

録音助手

高須賀健吾

録音応援

西村徹

装飾

鈴木阿弥

美術助手

大久保三穂

装飾助手

出井奈保

持ち道具

川口進之助

大道具

佐藤信透

大道具

平坂福市

建具

西条誠

塗装

八木一成

経師

松野秀生

組付

副島信太郎

組付

福田和彦

ロケ大道具

林守泰

園芸

杉山あづみ

美術応援

吉崎メルモ

美術応援

まるとみ

美術応援

佐々木光敬

背景

後藤れい子

衣裳製作

田上紀子

衣裳助手

谷口あゆみ

メイク助手

福田和夫

スチール応援

愛甲常幸

特機

月村恒宣

特機

小島幸市

車輌

広田泰郁

車輌

森下卓

車輌

有本裕一

車輌

岡林修平

制作主任

福山秀美

制作進行

今西健太

制作進行

広部卓也

函館ロケコーディネート

太田誠一

函館ロケコーディネート

福田なつの

プロデューサーアシスタント

田村智之

選曲、音響効果

大野誠

スタジオエンジニア

河東努

ドルビーフィルムコンサルタント

森幹生

ドルビーフィルムコンサルタント

本田貴雄

CG、タイトルバック

田中明子

メイキング、エンディングロールバック

加藤ひとみ

編集助手

増永純一

オンラインエディター

進威志

ビジュアルオブザーバー

上野芳弘

タイミング

稲垣知康

HDリアルタイムレコーディング

宇田川章

光学録音

大場広樹

光学録音

高野光啓

テクニカルコーディネーター

小山内円

ラボコーディネーター

森崎升也

音楽出版管理

遠藤由紀

音楽出版管理

森下詩子

宣伝

森本麗花

宣伝

金子裕香里

宣伝

吉野孝謙

宣伝

久保田康

宣伝

吉田憲一

宣伝

佐藤直紀

音楽監督

森田太

協力

荘口彰久

協力

作品データ

製作年
2007年
製作国
日本
配給
デスペラード
上映時間
128分

[c]2007 Little DJ film partners [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.2
  • ほし★ママ。

    3
    2012/1/6

    少年は、憧れのDJになり
    自分の番組を持つ事ができます。
    その番組は、多くの方に感動と癒しを与えます。
    この番組のおかげで、長年言えなかった
    父への思いを伝える事ができる人もいます。

    少年も両親とお世話になった人たちに
    感謝の気持ちを伝える事ができます。
    近くにいる人の後押しがあって
    初恋の彼女に思いを伝えることもできます。

    でも、それは「病と闘いながら」です。
    しかも少年はまだ中学一年生・・・
    「思いを伝える事の大切さ」を描くのに
    こんなに悲しい設定でなければいけなかったのでしょうか。

    1977年、私は彼らより大人でしたが
    ラジオの深夜放送を楽しみにしていました。
    流れてくる曲も並べられてる小物もみんな懐かしく

    主演の神木隆之介くんはもちろん
    お父さん役の石黒賢さんや院長先生役の原田芳雄さんはじめ
    脇の方々の演技も素晴らしく、どのシーンも切なくて
    ずっと泣きながら見ていました。

    でも、これを「感動」とは思いたくない気持ちがあります。
    私からリクエストさせてもらえるとしたら
    最後に流れるテロップのメッセージを
    本編の中に盛り込んで欲しかったです。
    せっかく、「今」も描くのですから・・・

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • がんせきおーぷん

    4
    2010/2/28

    学校と野球だけだった少年が、体調不良により入院することになる。その病院で大怪我をした子に「ミイラ人間」といってしまう。このあたりは、やはり子供だなと思ってしまう。その子と少年がやがて…

    病院でDJに目覚める少年。DJをすることで体調が回復していく。DJが最高の治療だと院長もいう。

    思いを伝えるということが、テーマになっていると思う。

    年代設定がほぼ私の世代なので、出てくる車や、かかる曲がまさにドンピシャでした。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • モス

    5
    2009/11/2


    感想:これはね。 見てないてきてくださいとしかいえないです。
       試写会開場でも良い場面ではすすり泣く声が多かった。
       男性も泣きますねこれは。
       これで泣かされました(包帯クラブと2度目です)
       涙枯れてたとおもってたのに。
       みなさんみてください。完全にお勧めです。  

    ある場面で流れる音楽
    ・キャンディーズ 「年下の男の子」 
    ・ヴィレッジ・シンガーズの名曲「亜麻色の髪の乙女」
     島谷ひとみがカバー
    ・「恋のダイヤル6700」♪リンリンリリンで始まる
     フィンガー5の大ヒット曲
    ・「タイムマシンにおねがい」
     伝説のバンドサディスティック・ミカ・バンドの名曲
    ・「それが大事」
     大事MANブラザーズ・バンドのヒット曲
    ・「愛にすべてをSOMEBODY TO LOVE」
     クィーンの名曲

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告