さよなら。いつかわかること|MOVIE WALKER PRESS
MENU

さよなら。いつかわかること

2008年4月26日公開,85分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

妻を戦地に送り出した男性と、その幼い娘たちの思いをつづるヒューマン・ドラマ。痛ましい悲劇を乗り越え、希望を見出そうとする親子の姿が感動を呼ぶ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

シカゴのホームセンターで働くスタンレーのもとに、イラク出征中の軍人である妻グレイスの訃報が届く。12歳と8歳の娘にそのことを告げられない彼は、2人をフロリダの遊園地に連れて行くことに。

作品データ

原題
Grace is Gone
製作年
2007年
製作国
アメリカ
配給
ザナドゥー
上映時間
85分

[c]2007 The Weinstein Company, LLC. All rights reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    tom

    3.0
    2009/7/12

    じんわりとくる作品です。
    内容的にはお涙ちょうだいモノなのかな?
    って思って観ましたが
    そういったあざとい感じはありません。
    娘達に母の戦死を告げられない主人公。
    そりゃ告げられません。
    自分自身信じられない
    心の整理も出来ないのに
    子供に冷静に話なんて…
    何とか現実逃避しないと
    いてもたってもいられない気持ちだったと思います。
    子供達の笑顔だけが救いなんですね。
    痛いほど気持ちが分かります。




    違反報告
  • rikoriko2255

    nakatadairake

    3.0
    2008/4/26

    物語の発端はイラク戦争にあるんでしょうが、あまりそれを意識させないつくりがいい(母親を亡くすという状況にはいろんなバリエーションがあるでしょうから・・・)。
    見るからに利発そうで、大きくなったら美人になるであろうと思われるお姉ちゃんと、天真爛漫な妹、この二人がほんと可愛らしくて・・・
    なんとも情けない感じのジョン・キューザックも他人事とは思えない演技で、感心しました。

    クリント・イーストウッド(こんなに巨匠になる前からのファンです。ちなみに、一番好きな映画は『ハートブレイク・リッジ』です)の音楽もなかなか心に染み入ります。

    あざとい演出が一切ない、いい映画です。

    違反報告