ひぐらしのなく頃に|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ひぐらしのなく頃に

2008年5月10日公開,106分
  • 上映館を探す

販売数50万本を誇る人気ゲームを映画化したサスペンス。年に一度の儀式に合わせて変死や失踪事件が発生する村に引っ越してきた少年の恐怖体験を、息詰まる雰囲気で描く。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

東京から雛見沢村へと引っ越してきた圭一。田舎暮らしにもなれた彼は、古くからの祭りが開かれるたびに失踪や変死などの事件が起きていることを知る。やがて、それをきっかけに圭一の周囲で不可解な現象が頻発する。

キャスト

スタッフ

及川武

エグゼクティブプロデューサー

気賀純夫

製作

湯浅昭博

製作

長谷川洋

製作

入江祥雄

製作

安田正樹

製作

成田尚哉

企画

平田樹彦

企画

東快彦

プロデューサー

池原健

プロデューサー

野村美加

プロデューサー

団野喜人

プロデューサー

武内健

アソシエイトプロデューサー

小野昌司

アソシエイトプロデューサー

深尾聡志

アソシエイトプロデューサー

吉岡明

音楽プロデューサー

竜騎士07

原作

川井憲次

音楽

島みやえい子

主題歌・歌、主題歌・作詞

高瀬一矢

主題歌・作曲、主題歌・編曲

中沢伴行

主題歌・作曲、主題歌・編曲

西村潤

主題歌制作

一法師康孝

主題歌制作

白尾一博

撮影

宮下昇

照明

深田晃

録音

松塚隆史

美術

石毛朗

装飾

宮本茉莉

衣裳

江頭三絵

衣裳

滝沢雄作

編集

西保典

助監督

山岸秀起

制作担当

伊野部陽平

演出助手

松井千佳

演出助手

与那覇政之

撮影助手

渡慶次勇太

撮影助手

二宮篤嗣

撮影助手

山崎大輔

VE

佐藤信一

撮影効果

越善史奈

撮影効果

佐藤雄大

撮影効果

高橋拓

照明助手

清井俊樹

照明助手

島田貴仁

照明助手

新開賢

録音助手

齋藤泰陽

録音助手

白石敦子

衣裳助手

百瀬広美

メイク

石邑麻由

メイク助手

ピエール須田

特殊メイク

横山佳代

特殊メイク助手

月花

フェイススタントコーディネーター

木村淳

コンポジット

十時かの子

タイトルデザイン

伊藤嘉章

舞指導

小島幸雄

神楽音楽録音

西永智成

スチール

高橋和也

メイキングビデオコーディネーター

岡留臣兵

メイキング

高野光啓

テクニカルコーディネーター

飯野浩

タイミング

渥美大輔

HDリアルタイムレコーディング

牧野由美

ラボコーディネーター

立川翔太

ラボマネージャー

渋谷圭介

音響効果

佐野謙二

リーレコ

井上和亮

車輌

三藤聡一

車輌

湖山敏幸

車輌

西尾環

制作主任

長島紗知

制作進行

北原慎一朗

ボランティアスタッフ

高橋誠喜

制作応援

田山雅也

制作応援

宮里博

制作応援

岡村大樹

Special Thanks

中村誠

Special Thanks

池知也

Special Thanks

若林豪

Special Thanks

三上洋史

美術協力

及川中

監督

作品データ

製作年
2008年
製作国
日本
配給
ファントム・フィルム
上映時間
106分

[c]2008竜騎士07/オヤシロさまプロジェクト [c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.7
  • しろくま

    0
    2008/6/25

    「ひぐらし・・・」を知らないヒトにはお勧めできません。というか、ひぐらしファン以外には、絶対受け入れられないでしょう。逆に、ひぐらし好きには受けるでしょうねぇ。この映画を評価できるのは、マニアだけ、ひぐらし好きにしか理解できないですよ。もしこの映画を観て興味が持てたなら、あなたも立派なひぐらしマニアでしょう。
    最初は、イメージを崩した配役がいかがなものかと思ったんですが、最後はそんなことさえどうでもよくなってしまいました。漫画の作者がそれぞれ異なるように、
    演じ手だって、誰でもいいんですねぇ・・・その辺も「ひぐらし」だからこそなんですが、そんな事を書いても、知らないヒトには理解できないですよね。
    そもそもホラーとかサスペンス、映画と思って観ることが無意味です。所詮「ひぐらしのなく頃に」でしかないのですから。
    この映画を観るには、予備知識というか「ひぐらし」を受け入れている必要があると思います。
    私は1800円でも観ますが、1円でも高いと思う方も少なからずいることでしょう。そういう方は、続編観ても理解に苦しむと思います。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • U-key

    4
    2008/6/2

    主人公はいったい何を見たのだろうか?
    ホラー映画にありがちの見ただけで嫌悪や恐怖を催させる映像・・・しかし画面に映らない視聴者の想像部分にこそ真の恐怖がある。
    どれだけ想像を掻き立てるか・・!!それが真骨頂だ。
    冒頭はいかにもって感じで緊張をさせ引き込まれていく。
    だが前半は明るい牧歌的なもしくは青春映画のようなさわやかさ。
    徐々に狂気が顔を覗かせその世界を壊してゆく。
    突き落されるかのようなギャップが否応なしに恐怖を深くする・・。
    そして主人公の最期のセリフは本当は誰に向けられたものなのか?

    せっかくだから夏に上映すればよかったのにw

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • さおり

    4
    2008/5/14

    R指定がなかったので、最後らへんのシーンはあっけなく終わると思っていたが。。意外とそうでもなかった。
    キャストは。。圭ちゃんは声はなんとなくアニメの時と似ていておっけい。
    魅音、さとこは、なんかちがう。。
    りかちゃんは、雰囲気のみなら、分からなくもない。
    レナは、かすってもない感じでした。


    ストーリーは、分かっているだけにヒヤヒヤした感じはないが、

    景色、配色、泣き声などは満足。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告