ジャージの二人|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ジャージの二人

2008年7月19日公開,93分
  • 上映館を探す

芥川賞作家・長嶋有の小説をもとに、田舎で何もしない夏休みを過ごす父子の姿を軽妙につづるコメディ。テレビや映画で活躍中の堺雅人とミュージシャンの鮎川誠が親子を好演。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

カメラマンの父に誘われ、北軽井沢の別荘を訪れた息子。会社を辞めたての彼は、祖母が集めた古着のジャージに着替え、父とともにゆるやかな日々を過ごす。そんな彼らの元に、ご近所や父親の友人など、さまざまな人々が訪れる。

スタッフ

永田勝治

製作

板橋満

製作

沼田宏樹

製作

喜多埜裕明

製作

宇田川寧

プロデューサー

田辺圭吾

プロデューサー

梶本明宏

共同プロデューサー

小松高志

撮影

松岡泰彦

照明

高野泰雄

録音

露木恵美子

美術

鏡原圭吾

VE

大畑英亮

編集

大橋好規

音楽、演奏

佐々木次彦

音楽プロデューサー

与那覇智

スタイリスト

河野顕子

ヘアメイク

田端利江

キャスティング

山本透

助監督

若林雄介

ラインプロデューサー

佐野友秀

助監督

瀬尾あき

助監督

川野由加里

撮影助手

今西真基

撮影助手

北岡孝文

照明助手

鳥羽宏文

照明助手

及川俊和

照明助手

本間大海

照明助手

高橋謙太

照明助手

下元徹

録音助手

篠崎有矢

録音助手

武市英生

録音応援

黒川通利

美術助手

原尚子

小道具

磯見俊裕

美術スペシャル協力

鈴木千奈

美術スペシャル協力

松葉明子

美術応援

石谷岳寛

美術応援

高田優

スクリプター/記録

山下和美

衣装製作

知野香那子

ヘアメイク助手

西村洋一

音響効果

小林喬

選曲

竹田直樹

サウンドエディター

深井康之

スタジオエンジニア

薄井洋明

光学録音

高田淳

カラリスト

高橋大和

オンラインエディター

飯野浩

タイミング

高野光啓

テクニカルアドバイザー

中島勇樹

製作進行/プロダクション・マネージャー

大熊敏之

製作部

齋藤悠ニ

製作部

清水香織

製作見習い

進藤文枝

宣伝プロデューサー

町口覚

宣伝美術

高橋雅奈

宣伝協力

高木梓

宣伝協力

岸尾昌子

宣伝協力

内田真由美

宣伝協力

高橋秀明

宣伝協力

武田和子

宣伝協力

松本浩

「ジャージの二人」製作委員会

麻生英輔

「ジャージの二人」製作委員会

佐竹一美

「ジャージの二人」製作委員会

鈴木謙一

「ジャージの二人」製作委員会

松野久美子

「ジャージの二人」製作委員会

小杉明史

「ジャージの二人」製作委員会

内山順ニ

「ジャージの二人」製作委員会

柳村努

「ジャージの二人」製作委員会

若林由美

「ジャージの二人」製作委員会

中村義洋

脚本、監督

稲垣知康

HDリアルタイムレコーディング

竹内望

HDリアルタイムレコーディング

津田輝王

エンドタイトル

椎谷求

演奏

須藤剛志

演奏

亀井孝太郎

演奏

早乙女正雄

音楽ミキサー

土屋久美子

スチール

高梨洋一

メイキング

谷川原百子

キャスティングアシスタント

上原毅

車輌

駄場岡秀行

車輌

広川靖

車輌

野澤繁雄

車輌

吉田京

製作デスク

高橋陽子

製作経理

長嶋有

原作

栗林直人

製作進行/プロダクション・マネージャー

作品データ

製作年
2008年
製作国
日本
配給
ザナドゥー
上映時間
93分

[c]2008「ジャージの二人」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7
  • repee

    3
    2017/5/5

    まずは親子のキャスティングが素敵だなぁと思いました。

    森の中で
    ジャージの人が増えたり減ったり、
    (ジャージの人たちはそれぞれ問題を抱えている)
    妖精みたいなおばさんとハスキー犬と中学生が出てきて
    特別に何があるって訳でもなくて
    日々の生活のような、
    のんびりしたいなぁって気分の時におすすめです。


    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • あちゃぺ

    1
    2014/5/13

    ゆったり、まったりという言葉がぴったりの映画。
    こんな生活…休暇を送ってみたいと思えます。

    夏になると、都会の喧騒から離れ、山の別荘に行って過ごす避暑を描いています。でも…、言ってはいけないのかもしれませんが、何も起こりません。
    殺人もなければ、盗難もなく、ロマンスもなく、サスペンス感もゼロ。

    この作品で監督は何を言いたかったのか?
    謎です。

    謎といえば…
    この映画には謎が多かった。
    多くの謎が解決されないまま、明かされないまま、突然のエンディングとなります。

    ゆったり、のんびり過ごすなら、へんなこと考えずに、頭を真っ白にして過ごそうよってことでしょうか?
    でも人間って、「のんびりしたい」「考えるのはやめよ~」と言ってても、やはりそうできない悲しい性ですよね。
    そんな、人間の代わりに、この二人がのんびりしてくれんたんでしょうか?

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • さちこ

    3
    2012/9/19

    私好み!

    ゆるーい感じがたまらなくいい。
    そこにじわじわ系の笑い。

    ただ、あまりにもあっさりとした終わり方に驚いた。
    もっと見たかったなぁ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告