イントゥ・ザ・ワイルド|MOVIE WALKER PRESS
MENU

イントゥ・ザ・ワイルド

2008年9月6日公開,148分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

名優ショーン・ペンが久々に監督を務めたロード・ムービー。ベストセラー・ノンフィクション「荒野へ」を基に、アラスカで謎の死を遂げた青年の旅の様子とその真実に迫る。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1990年、大学を優秀な成績で卒業し、将来を有望視されたクリスが、家族に何も告げず旅に出た。真の自由や幸福に憧れ、米国中西部を放浪する彼は、さまざまな人々と出会い、1992年に最終目的地のアラスカにたどり着く。

作品データ

原題
Into the Wild
製作年
2007年
製作国
アメリカ
配給
スタイルジャム
上映時間
148分

[c]MMVII by RIVER ROAD ENTERTAINMENT, LLC and PARAMOUNT VANTAGE, A Division of PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.2
  • rikoriko2255

    tom

    4.0
    2009/11/3

    自分探しの旅であり
    自分を解放する旅。
    自由を求めて幸せを求める旅が出来るなんて
    自分には出来ないだけに羨ましいです。
    出会うひとがみんないいひとで
    助けられながら旅をするんですが
    出会うひとも主人公に救われていました。
    本当の幸せは旅の最後の最後に
    見つけられました。
    悲しいですが幸せそうでした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2008/9/17

    裕福な恵まれた家庭に生まれ育ちながら、両親の不和、出世時の秘密、価値観の相違に終始違和感を抱えた生活を送るクリスは、大学を卒業すると全財産を寄付し、家族に内緒で旅に出た。
    本当の自分を取り戻すために。
    そして荒野へ・・

    若者は悩み、もがく特権を持っていると思います。
    ですので、旅に出るのも良いと思いますよ。

    見るべきものを見ず頭でっかちに成るよりも、経験し謙虚になる方が美徳ですしね。
    彼が最後に行きついた所はそれだったと思います。

    旅は人を豊かにし、成長させますが、残された者の事を考えないのもまた若さゆえ・・

    自分の息子が・・と思ったら気が狂いそうです。
    お母様の気持ちを思うと・・辛い・・
    あの父親が、家の旦那と行動、思考が似ているのも有るかなぁ・・

    見終わった後、実家に帰りたくなりました。

    同じテーマで『アメージング・ハイウェイ60』と言う映画が有ります。近年売り出し中のジェームズ・マースデン主演作です。
    コメディですが・・良い映画ですよ。ゲイリー・オールドマンの奇才さが光って居るのでお奨めです。

    ショーン・ペンがメガフォンを取る映画は、家庭不和が多ですねぇ・・彼の家庭環境と近年亡くなった彼の弟を思いおこします。



    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告