三銃士(1921・アメリカ)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

三銃士(1921・アメリカ)

1921年公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

仏文豪アレクサンドル・デュマ氏の世界的に有名な小説をエドワード・ノブロック氏が脚色し、「奇傑ゾロ」と同じくフレッド・ニブロ氏が監督した映画で、ダグラス・フェアバンクス氏が1921年9月完成した大作品である。対手としてはメアリー・マクラレン嬢が皇后に、マーゲリート・ドラモット嬢がコンスタンスに、その他レオン・バリー氏、トーマス・ホールディング氏等も出演する。ニュース誌は『ダグラス劇として最も大仕掛けな、最も細かい注意の払われた中で最も活劇の多い、大傑作である。映画劇の中で人に好かれる要素を完全に備えた作品とはかかる映画をいうのであろう』と提灯を持っている。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ガスコーからパリへ王の銃士になろうとして登ってきたダルタニアンは都へ着いた最初の日アトス、ポルトス、アラミスの三銃士と決闘して、3人を傷つけた。決闘をしたという理由で三銃士が捕縛されようとした時ダルタニアンは彼等に力を貸したので3人と盟友となる。彼は恋する下宿の娘コンスタンスの頼みで、王妃が英国のバッキンガム公に愛の印として与えたダイヤの首飾りを取り返すために英国へ行き王妃に恨みを抱くリシェロー大僧正の妨げと戦った末、期日までに守備よく使命を果たし、首飾りを取り返して王妃の名誉を救い、その功によって願い通りに銃士の列に加えられた。

作品データ

原題
The Three Musketeers
製作年
1921年
製作国
アメリカ
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?