レッドクリフ PartI|MOVIE WALKER PRESS
MENU

レッドクリフ PartI

2008年11月1日公開,145分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

アジア映画としては史上最大規模となる製作費100億円を投じたスペクタクル歴史劇。有名な「三国志」の“赤壁の戦い”を基にした壮大な愛と戦いのドラマが繰り広げられる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

曹操率いる大軍の猛攻から逃げのびた劉備の軍師、孔明が、本来は敵である孫権の軍勢と同盟を結ぶことを提案する。やがて対面した孔明と孫権軍の司令官、周瑜は、お互いの知略を認め合い、信頼で結ばれていく。

作品データ

原題
赤壁=RED CLIFF
製作年
2008年
製作国
アメリカ 中国 日本 台湾 韓国
配給
東宝東和=エイベックス・エンタテインメント
上映時間
145分

[c]2008 Three Kingdoms Ltd. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7
  • rikoriko2255

    3.5
    2020/1/2

    壮大な序章。ラブシーン多過ぎ。早く次が観たい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    レインボーパパ

    5.0
    2008/11/30

     実は、三国志の内容はよく知らないので、映画の背景が分からず内容についていけないのではと危惧していました。しかし、本編上映前に日本語で背景紹介があって、とても参考になりました。

     戦闘シーンはとにかく圧巻。まだ赤壁の戦いが始まっていないのに、この凄さ。PARTⅡへの期待が高まります。
     しかも、登場人物がとても魅力的に描かれている。観た人の誰もが、きっと共感できる(好きになる)キャラクターがあるはず。私は「関羽」にとても惹かれました。盾の間から一人颯爽と現れ、敵をなぎ倒していく。強い!!

     そうそう、映画の最後にはPARTⅡの予告編のオマケつき。期待感を高めてくれます。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ふく

    3.0
    2008/11/25

    やっと、観て参りました(*^^)v
    映画ファンの割には・・・見逃す事約1ヶ月(汗)本当にやっとでございます^_^;
    期待していた分、意外と!?との不安もありましたが・・・観賞した方の感想は◎だったので、少し安心しつつ観賞(@_@)
    最初の三国志の説明が作品をより分かり易くなっております★
    後は、気になる最後・・・Part2への繋ぎは!?の心配も無く、早くも来年の4月のPart2が非常に楽しみです(*^_^*)
    映像が綺麗なのと、迫力があるので、是非大画面(映画館)での観賞をおススメ致します(^_-)-☆

    違反報告
  • rikoriko2255

    kin_chan

    2.0
    2008/11/8

    三国志をテーマにした映画ということで、期待をして見たが、いまひとつ「わくわく感」がない。劉備と関羽、張飛との契りの場面など欲しかった。
    諸葛孔明の最初から劉備に受け入れられたわけでない。
    戦争・戦争の場面が多く、本来の「三国志」のテーマと違う感じ。
    劉備の思想は、「対話による外交」で「戦争しないで外交」が本来の姿。
    それが、感じられない。

    違反報告
  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    4.0
    2008/11/4

    ジョン・ウー作品と言う割にアクションシーンも少なめ(冒頭と終盤近くに集約させている)で、これと言って冴えた所も見当たらないにもかかわらず、2時間半近い上映時間中全く退屈しなかった構成力は見事。

    正史三国志ではなく、フィクションの「三国志演義」がベースの映画だけど、冷酷無慈悲な曹操は、この映画では単にニヤけたオヤジにしか見えないし、「三国志演義」では登場人物中最高の人格者のはずの劉備は、冴えないオッサン。人知を超えたアイデアマンの諸葛孔明は普通のエリートで、人間離れした強さを誇る関羽と張飛も、見た目は毛が濃いだけの人間。

    三国志にしては、地味な人物描写。その分カット割にしても演出にしても、緻密な計算が必要だったはず。それが、クライマックスの艦隊戦を描く Part2ではどう生きるのか?「三国志演義」では確か、孔明が超能力を使って風を起したことになっているはずだけど、そのあたりをジョン・ウー監督がどう料理するのかも気になるところ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    keicyacom

    4.0
    2008/11/1

    ジョン・ウー監督は、アクション映画で、ハリウッドでも成功した人だけど、本当に撮りたかったのは、こんな映画と思わせるような、スケールの大きい歴史ドラマに仕上がっています。

    中国の風景、霧のかかった山々、断崖の中を流れる川、川岸の砦、映像のすばらしさも見ごたえがあり、トニーレオンや金城武の演技もよいです。

    アクション好きな人には、戦いのシーンがお勧めだけど、ちょっとありえないシーンもあります。

    あっという間にエンディングが来て、早くパート2が見たい!と思いました。娯楽大作としても、楽しめる映画です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2008/10/7

    なんか日本の歴史も疎い私、中国ともなるとなおさらわかりません。
    でもはじめに登場人物の紹介を丁寧にしてくれたので、ちょっとはわかりやすかったかな!?

    初めの戦いがちょっと長かったですね。
    それにしてもよく馬が倒れてましたよね~ぇ。あ~いうのってどうやって撮るんでしょうか???
    骨折れちゃわないのかしらって...............。
    人間だって馬の下敷きになったら大変ですよ。

    後半の戦いは、先手を打ってあの手この手で面白かったです。
    まさかこういう映画で笑わされるとは思いませんでした。
    金城さんはちょっと役の中では、ろくに戦いにも参加せず、楽してたって感じですか???

    違反報告