ブタがいた教室|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ブタがいた教室

2008年11月1日公開,109分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

妻夫木聡主演による、実話ベースのドラマ。食べるのを前提にブタを飼うことにした小学校の担任教師と26人の生徒たちが、その過程で食や生命と向き合う姿を力強い筆致で紡ぐ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

6年2組の担任教師・星は、クラス全員で子ブタを育てて、その肉を食べようと生徒たちに提案する。驚く生徒たちだが、そこには彼らに“食と命”について真摯に対峙してもらいたいという星の考えがあった。

作品データ

製作年
2008年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
109分

[c]2008「ブタがいた教室」製作委員会 [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.5
  • rikoriko2255

    tuki

    2.5
    2020/4/29

    元々食べようと言う話で飼い始めたのに、何か途中から論点がズレてる気がして残念でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    ふく

    3.0
    2009/1/14

    実話が元の映画ですが・・・ ブタと子供達の触れ合いが良かったです。 最終的には子供達の卒業までにブタのPちゃんをどうするか!?の決断が迫られる中、子供達の話し合いには台本が無く、生の子供達の意見が取り入れられ、先生役である妻夫木クンも自分の意見(大人には台本に台詞あり)を押し付けずに、あえて子供達にフリートークさせる徹底ぶり・・・劇中同様、選択の答えには正解・不正解は無く、各々が選択した結果をどう受け止めるかが大事です。 以前、あるtvで当時の6年2組の子供達にこの映画を観て貰う。と言う企画がありました。映画を観て涙・涙で各々が抱いた気持ちや選択は決して間違いでは無かった。と言っておられました。命とは何か!?生きるとは何か??難しい課題です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    1.0
    2008/11/4

    はじめははブタを食べるのに反対が多かったのですが、ならば下級生にバトンタッチってなった時に、それではお互い責任逃れをしてるんじゃないかと次第に賛成派も増え半々に!! なんかブタを食べる食べないのバトルは仲間割れやけんかがあって、あんまり気持ちのいいものではありませんでした。 最後は先生の1票が決め手となるんですが、生徒の1票で決着がつけば先生の表は関係なかったのって感じで、なんか先生はずるいって感じました。 結局食べるってことになったけど、あの大きくなったブタ、6年2組だけで食べきれるのって感じです。 全生徒で食べればよかったんじゃないのって..........。 でも食べるってことになったのに、食べるシーンまではやってくれませんでした。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告