カラヤン フィルム・コンサート ドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界より」リハーサル付:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
  • 映画TOP
  • 作品情報
  • 映画『カラヤン フィルム・コンサート ドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界より」リハーサル付』
カラヤン フィルム・コンサート ドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界より」リハーサル付
カラヤン フィルム・コンサート ドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界より」リハーサル付
-

カラヤン フィルム・コンサート ドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界より」リハーサル付

2008年11月9日公開、53分、ドキュメンタリー/アート
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1908年4月5日に誕生した20世紀を代表する偉大な指揮者、ヘルベルト・フォン・カラヤンの生誕100周年を記念して上映されるフィルム・コンサート。「プッチーニ:蝶々夫人」「ワーグナー:ラインの黄金」「ビゼー:カルメン」といった歌劇や、「恐怖の報酬(1953)」のアンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督による「ヴェルディ レクイエム」「ドヴォルザーク 交響曲第9番《新世界より》」「ベートーヴェン 交響曲第5番ハ短調《運命》」などのコンサート映像がスクリーンによみがえる。また、「ザ・ブレイク」のロバート・ドーンヘルムが監督したドキュメンタリー「カラヤンの“美”」も上映される。出演はミレッラ・フレーニ、プラシド・ドミンゴ、ルチアーノ・パヴァロッティ、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団など。惜しまれつつも1989年にこの世を去ったカラヤンは、演奏を映像化することに熱心であった。彼は「音だけでなく視覚的にも美しくあってほしい。音楽とは美を具現化したものである。」「肝心なのはコンサートの単なる報告ではなく、画像による解釈であり、それを通じて観客が私たちの演奏する偉大な音楽にさらに意味を感じとることなのだ」と語っている。

ストーリー

※本作はコンサート映画のためストーリーはありません。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Karajan Film Concert Dvorak: Symphony No.9
製作年
1966年
製作国
-
配給
東京テアトル
初公開日
2008年11月9日
上映時間
53分
ジャンル
ドキュメンタリーアート


[c]キネマ旬報社