みんな、はじめはコドモだった「タガタメ」|MOVIE WALKER PRESS
MENU

みんな、はじめはコドモだった「タガタメ」

2008年12月23日公開,92分(全5話合計)分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

朝日放送新社屋完成記念事業の一環として製作された短編オムニバス。“こども”をテーマに「闇の子供たち」の阪本順治、「パッチギ!」の井筒和幸、「悲しき天使」の大森一樹、「フラガール」の李相日、「血と骨」の崔洋一という5人の監督がメガホンをとった。出演は「ザ・マジックアワー」の佐藤浩市、「ダイブ!!」の光石研、「memo」の高岡早紀など。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

〔タガタメ〕末期ガンで余命3ヶ月と宣告を受けた初老の男・宮浦久雄(藤竜也)は、キャンプ場に車を停め、車内に練炭とコンロを並べ始める。隣には39歳になる知的障害者の息子(川屋せっちん)がいた。食事もトイレも誰かの助けを必要とする彼を残して死ぬわけにはいかないと、思いつめた挙句の無理心中。そこに現れたのは、久雄の担当だという死神(宮藤官九郎)で、彼は「人は死に方を選ぶことは出来ない」と言う……。

スタッフ

北畠宏泰

製作総指揮

吉村誠

製作

今村俊昭

企画

飯田次郎

技術コーディネイト

河東努

ドルビーフィルム・コンサルタント

森幹生

ドルビーフィルム・コンサルタント

赤羽智史

ラボコーディネイト

日下健太郎

ラボマネージャー

稲垣知康

フィルムアウト

福田誠

光学リレコ

西脇栄次

ネガ編集

荒川美幸

宣伝

高内三恵子

宣伝

野尻勝弘

宣伝

角田敦史

スチール

中平一史

宣伝美術

青木由香里

宣伝美術

佐々木淳

宣伝エディター

黒川幸子

ホームページ

杉山真穂

ホームページ

井上修作

携帯サイト

浦田みつ

メイキング

河合勇人

メイキング

深井雅弘

メイキング

正垣晶博

メイキング

山本光子

事業運営

田中彰

編成業務

山口孝平

編成業務

岡由子

製作デスク

津川英子

プロデュース補

深沢義啓

総合プロデュース

齊藤有希

プロデューサー

松野恵美子

プロデューサー

久保田傑

ライン・プロデューサー

押田興将

協力プロデューサー

大友良英

音楽、音楽演奏

山崎裕

撮影監督

岩丸恒

録音

古積弘二

美術

今井剛

編集

北條訓子

スタイリスト

酒井夢月

ヘアメイク

大場雅一

VE

久万真路

助監督

松田憲一良

制作担当

岩渕崇

監督助手

戸田義久

撮影補

佐藤洋祐

撮影助手

門脇妙子

撮影助手

今村寿志

録音助手

齋藤泰陽

録音助手

谷内邦恵

美術助手

清水貴紀

制作主任

小島彩

音響効果

勝亦さくら

音響効果助手

佐藤利史

オンライン編集

三橋雅之

タイミング

森誠二郎

色彩設計/色指定

合田彰二

車輌

水崎賢治

車輌

大山千景

インターン

谷津友里恵

インターン

青柳智

制作アシスタント

岡田直子

制作デスク

林茂雄

取材協力

望月淳一

取材協力

雲居芳昌

取材協力

江藤直子

協力

長部洋平

協力

ジム・オルーク

音楽演奏

近藤祥昭

音楽録音

濱本洋平

音楽録音

李相日

脚本、監督

加藤ひろみ

編集助手

森崇嗣

オンライン編集助手

作品データ

製作年
2008年
製作国
日本
配給
リトルバード
上映時間
92分(全5話合計)分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?