ウィッチマウンテン 地図から消された山|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ウィッチマウンテン 地図から消された山

2009年7月4日公開,98分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

国家機密が隠された禁断の地、ウィッチマウンテンを目指す兄妹と彼らを助けたタクシー運転手の危険な旅を描くSFサスペンス。ドウェイン・ジョンソンがタクシー運転手をコミカルに演じる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

謎めいた兄妹を助けたタクシー運転手のジャック。彼らは国家機密が隠されているといわれる禁断の地“ウィッチマウンテン”を目指していたが、政府の特殊機関や、謎の暗殺者の魔の手が一行に襲いかかる。

作品データ

原題
Race to Witch Mountain
製作年
2009年
製作国
アメリカ
配給
ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン
上映時間
98分

[c]2008 DISNEY ENTERPRISES, INC. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    矢口渡

    4.0
    2013/7/24

    つかみから展開、ラストまで、スケール感はちょっとお金を使ったテレビ映画風でもあるが、楽しく見られる映画。クレジットでディズニーの文字。流石に外さない感じ。泣けて笑えてドキドキのあり得ない話。SF映画も、作り方次第。

    違反報告
  • rikoriko2255

    レインボーパパ

    3.0
    2009/7/21

     この映画は『星の国から来た仲間(1975年)』のリメイクとのことだけど、そちらは観たことがない。『星の国から来た仲間』では兄妹は記憶を失っていて孤児院に入るところから始まるらしい。この映画の出だしとは全く違う。

     兄妹は記憶を失っていない。自分の使命も、自分が何者であるかもきちんと理解している。異星人ながら英語も堪能だ。まぁワームホールを使って星間旅行をする文明なら、他の星の言語ぐらいすぐ習得できるか。

     この兄妹をめぐって、アメリカ特殊機関と兄妹と星から送り込まれた殺人者とのデッドヒート!
     もちろん、ディズニー作品なので安心してみていられるのだけど。

     この映画で気になったことは次の2点!
     ひとつは、イエローキャブってものすごく頑丈なこと。
     そして次は殺人者の素顔。殺人マシーンを作る時、顔形は自分たちに似せて作るのが普通だろう。あの兄妹、たぶん地球上では人類に紛れ込むため人間の姿形に返信しているのだろう。すると・・・もしかしたら・・・本当の姿はあんなのだろうか??

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    4.0
    2009/7/5

    国家機密が隠された禁断の地、ウィッチマウンテンを目指す兄妹と彼らを助けたタクシー運転手の危険な旅を描くSFサスペンスです。
    昨日に引き続き、何やら国家はいろいろ隠したがる。
    内容的にはちょっと薄い感じもしたけど、タクシー運転手のジャック(ドウェイン・ジョンソン)がかっこよくて、結構見入っちゃった~ぁ。
    宇宙オタクのアレックス・フリードマン博士(カーラ・グギーノ)も出てきて、笑いどころもありました。
    最後の兄妹とジャックらのお別れは、ちょっと泣けちゃいました。
    そしてジャックと宇宙オタクのその後はGOODでしたよ。
    やっぱ洋画はいいわ~ぁ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    taka_dds

    4.0
    2009/7/4

    実にオーソドックスなSFアドベンチャーでした。家族でも安心して見られる作品だと思います。

    最近の作品にしては珍しく、最初の方から宇宙人の正体とか目的等いろいろ明かされるしどんでん返しなんか有りませんが、地球の命運を掛けた宇宙船奪還作戦と言う感じでした。

    しかしまぁ宇宙人兄弟はその能力とテクノロジーで今回の目的なんか主人公が必要ない気がしないでも無いような気がしますが(笑)、妹の方がかわいいので許しましょう(チョコレート工場の生意気な娘だったんですね!)。

    タイトルも地名以外は殆ど関係無いけど気にシナイ!(国家機密の秘密の場所なのにあっさり入れすぎ(笑))

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2009/7/4

    ちょっと不思議な少女を演じたら、美少女アナソフィアはぴったり。
    地球人相手に申し訳無さそうな顔をするのが好きよ。
    兄役のアレクサンダーは『光の六つのしるし』や『殺人なんて些細な事』でジョナサン・ジャクソンと共演している少年で、無表情な不思議少年役、似合ってますね。

    何より、軍の追っ手がターミネーター並みのインパクトなのですが、素顔が、別の意味で、怖いです。

    ディズニー映画ですので、そう言う感じに楽しめます。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告