ナイト ミュージアム2|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ナイト ミュージアム2

2009年8月12日公開,105分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

真夜中の博物館で人形や恐竜の骨格といった展示物たちが大暴れするさまを描いた、ファンタジーの第2弾。今回は世界最大の博物館群、スミソニアンの展示物たちも動き出す!

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ラリーが夜警をしていたNY自然史博物館が改装され、不要になった展示物たちはスミソニアン博物館の倉庫に運ばれることに。ところが、あらゆる物体に命を吹き込む魔法の石版も一緒だったことから、とんでもない事態に。

作品データ

原題
NIGHT AT THE MUSEUM: BATTLE OF THE SMITHSONIAN
製作年
2009年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス映画
上映時間
105分

[c]2009 Twentieth Century Fox [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    4.0
    2009/10/1

    理性ある大人が、子供のために丁寧に作り込んだ秀作。それこそ文部科学省推薦モノ。
    物語の設定はもちろん荒唐無稽だけど、込められているメッセージは、社会的地位や富に惑わされる空しさ、(一人一人違う)生きがいの大切さなど、至ってまじめ。

    劇中、復活したリンカーンに、
    「2つに割れる国はほろびる」
    というセリフを言わせたり、安直なナショナリズムか?と思わせる場面はあるものの、力の弱い者達が知恵の力で悪を倒すという、力と力の対決をやんわり否定するストーリー展開で見事にバランスを取っている。

    全編、世間体より、(自分自身にとっての)本当の生き甲斐を大切にしようというメッセージに貫かれているのが印象的。蘇ったカスター将軍は、歴史に決して残ることのない一晩だけの戦いに命を賭け、カウボーイは主人公の背広姿を見て「背広は殺人服」とまで言い切る。

    リンカーンを登場させ、国を意識させながらも、アメリカの現状は決して肯定せず、個人の幸せを強調する。上から降りてくる権威に崇拝するだけの、日本式「愛国心」とは全く異質な、アメリカ人の「国を思う気持ち」が込められた一作。

    日本ではそれほど話題にならないベン・スティラー(主演)ですが、ほんといい味出します。相棒のオーエン・ウイルソンもファンタジーになり切った熱演。そろそろ二人のドタバタコメディも見たいです(「ズーランダー」以来、二人がかりのドタバタはご無沙汰ですから)。ロビン・ウイリアムスの余裕の演技も必見。この人、根っからの善人から変質者まで、ほんと何でもできるんですね。

    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    3.0
    2009/8/25

    1作目に比べスケールアップしてますねぇ。
    スミソニアン博物館が舞台となると
    かなり広大なスペースなんで
    右へ左へ、上へ下へと大忙しですね♪
    でも、1作目のような衝撃さが
    かなり薄れてしまっちゃうのは
    仕方ないでしょうか…
    悪役達も強さ、恐さ、迫力が
    あまりなかったのがちょっと残念。
    ラリーがかなり強く、カッコよくなっちゃて
    ビックリですね。
    いい意味で2作目らしい作品って感じでした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    レインボーパパ

    3.0
    2009/8/23

     前作の自然史博物館から、世界最大の博物館「スミソニアン博物館」に場所を移しての大騒動。前作の展示物に加えて、スミソニアン博物館の展示物、絵画までもが動き出す。まさにスケールアップ。

     博物館で展示しているものが動き出したら凄いだろうなという、誰もが一度は思うことを見せてくれた前作ほどの驚きはないけれど、スミソニアンで最も人気がある館をきちんと押さえてくれているのがうれしい限り。やっぱり、一度は観に行ってみたい。飛行機乗るのは怖いけど!!

     字幕ではギャグが伝わりにくいけど、日本語吹き替えならその心配もない(たぶん英語では違うギャグを言っているのだろうけど・・・)。
     それにお金持ちになるより・・・というところも心地よい。
     ただ、前作で仲良くなった女性学芸員はどうなったんだろ?破局しちゃったのかな。
     
     もしパート3があるとしたら、アメリカを飛び出して、大英博物館かルーブル美術館かな。
     それとも思い切ってカイロ博物館を舞台に歴代ファラオのミイラが甦って、ついでにスフィンクスやメムノンの巨像も動き出す。って、それじゃハムナプトラになっちゃうか?

    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    2.0
    2009/7/27

    7/27九段会館の試写会にて。はっきり言って私には前作の楽しさがなかったです。観客は多くて、初めて会館の3階に押しやられてしまいました。(いつもは1階の前の方なら座れるのに)ということでおそらく、本公演でも観客動員数は期待できると思います。(あまりこんな言い方好きではないが、お子様中心に。)
    この主演のベン・スティラーという人は、あの伝説的なコメディ『メリーに首ったけ』でジッパーにナニをはさんだ男の子で、そこそこ演技はできると思いますが、これまで当たり役に恵まれて来なかったのですね。ヒロインのエイミー・アダムスも『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』に出ていましたが、あまり注目されていなかったようです。この二人が頑張って・・・、という意味では、「努力賞」はあげたいですね。
    しかし、ロビン・ウィリアムズが出て来ると、分かりますか?邦画だと西田敏行ですよね。この人(たち)が出ると、巧いのは分かるのですが・・・、浮いちゃうんですよね。高校野球に突然大リーガー級が出てくるみたいな感じで・・・、やはり映画はチームプレイだと思いますので。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2009/7/17

    前作は、映画としての評価はイマイチでしたけれど、子供と、一部のマニアを興奮させた本作。

    今回、何がスケールアップしたかと言いますと、勿論ミュージアムも、実在化する展示物も・・ですが、これは、ネタバレなのですが、何と、絵も動くのです!ハリポタ並みに。

    そして、絵の中にも入れるのです!

    この世界の壮大さがお分かりになりますか?
    絵の中ではちゃんとその描かれた人たちの世界が繰り広げられているのです。

    前作で、あのミュージアムにフィギュアを持って夜間忍び込みたい・・と思ったマニアは多かったと思いますが、ポスターでもOK!
    ・・と言うことは、夜間、あのミュージアムで、DVDを流したらどうでしょう?

    私は真っ先に『ロード・オブ・ザ・リング 旅の仲間』を思い浮かべました。

    あのDVDの中に入って、ボロミアを救いたいです。

    そして、『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』で、ジェームズ・ノリントンも。

    この映画は、そう言う風に想像して楽しむ映画だと思います。

    ゲスト的登場をした二人の悪が、それを物語って居ますので。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    4.0
    2009/7/16

    前作は動くはずもないものが動くというとこから始まって、あら不思議って感じでとても楽しめた。
    それに比べて2は真夜中に動くのはあたりまえってとこから始まるので、はじめはちょっと.....って感じもあったけど、エジプトの王ファラオと闘うため、おだて作戦や仲間割れ作戦など、また違ったところで楽しませてくれて面白かったです。
    息子との連携プレイもよかったし、飛行士の彼女とのラブもよかったです。
    エンディングロールで何かが.......って言ってましたが、まただまされました。

    違反報告