ぼくとママの黄色い自転車:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ぼくとママの黄色い自転車
ぼくとママの黄色い自転車
-

ぼくとママの黄色い自転車

2009年8月22日公開、95分
  • 上映館を探す
  • みたい
    1
  • みた
    1
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

新堂冬樹のベストセラー小説を「子ぎつねヘレン」の河野圭太監督が映画化した感動作。母親に会うために旅に出た少年が、その途中で多くの優しさに触れ成長する姿を描きだす。

ストーリー

小学3年生の大志は、父親と2人暮らし。パリに留学中の母親から毎週届く手紙を楽しみにしていた。夏休みのある日、彼は母親がパリではなく小豆島にいることを知り、愛犬のアンを連れ、黄色い自転車に乗って旅に出る。

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

製作年
2009年
製作国
日本
配給
ティ・ジョイ
初公開日
2009年8月22日
上映時間
95分
製作会社
「ぼくとママの黄色い自転車」製作委員会(ユーキャン=東映アニメーション=東映ビデオ=ポニーキャニオン=共同テレビジョン=東映エージェンシー=プロスタTV=ザックコーポレーション=フジパシフィック音楽出版)

[c]2009「ぼくとママの黄色い自転車」製作委員会
[c]キネマ旬報社