小牧師(1934)|MOVIE WALKER PRESS
MENU
小牧師(1934)
小牧師(1934)

小牧師(1934)

1934年公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「若草物語(1933)」「勝利の朝」と同じくキャサリン・ヘップバーンが主演する映画で、ジェームズ・M・バリーの小説及び戯曲『小牧師』に基づき「若草物語(1933)」の共同脚色者セイラ・Y・メイスンとヴィクター・ヒアマンが「スパイK14 号」のジェーン・マーフィンと協力して脚色し「仮面の男(1933)」「地下の雷鳴」のリチャード・ウォーレスが監督に当たり、「若草物語(1933)」「痴人の愛」のヘンリー・ジェラードが撮影したもの。ヘプバーンの相手役は「舗道の雨」出演のジョン・ヒールが勤め、「痴人の愛」のアラン・ヘール及びレジナルド・デニー、「紅塵」のドナルド・クリスプ、「沈黙の証人」のラムスデン・ヘーア、「進めオリンピック」のアンディー・クライド、メアリー・ゴードン、ベリル・マーサー、子役ビリー・ワトソン等が助演している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

牧師ゲヴィン・ディシャートは母親を伴って、スコットランドの僻地スラムス町の教会へ赴任する。彼は若く熱心で誠実で未婚であった。彼の親切な態度にたよって町1番の酔っぱらいロブ・ドウが禁酒したので町民はゲヴィンを深く尊敬する様になる。この町の住民の大部分は織工だったが、織賃値上げ問題で流血の惨事があったので、紛擾首謀者を検挙しに兵隊が出動するという噂が立ち、兵隊が来たら角笛で合図するという事が町民間では密かに決められた。町の地主のリンタウル卿邸に育てられたジプシー娘バーバラはやがて卿と結婚する身だった。しかし町民は彼女の素性は知らなかった。ところがバーバラはこそこそジプシーの紛争をして邸を脱出して町へ遊びに来たので、町ではジプシー娘バビイとして知られていた。バビイはゲヴィンと知り合った。バビイは卿から兵隊の来る事を聞き、ゲヴィンを騙して角笛を吹かせた。その為に町民は大挙して兵隊を迎え討ち、結局騒いだだけで問題は簡単に解決した。ゲヴィンは怒ったがいつしか彼はバビイを愛する様になっていた。ゲヴィンがジプシー娘と恋に落ちたという噂は町民の心を暗くした。彼らが敬愛する牧師が人もあろうに異教徒の遊民にたぶらかされている、というので教会の長老達は場合によっては牧師を教会から追放せねばなるまいと心痛し始めた。ゲヴィンを崇拝するロブ・ドウは再び酒に親しみ出した。バビイはロブの伜マイカーからこの事を聞き、ゲヴィンを愛するが故に彼を断念して、卿と結婚する事に決めた。そして明日結婚するという前日、1人者の老婆ナニイに別れにいってバビイはゲヴィンと再会した。全てを彼女から聞いたゲヴィンは愛無き結婚の不可を説き、卿に了解を求めて2人が結婚しようと相談した。この為にゲヴィンは夕べの祈祷会に遅刻してしまった。教会では信徒達は怒り、ゲヴィンが駆けつけても門を開いてくれない。ロブは無理に開けさせようとしてナイフをきらめかした。牧師はそれを遮ろうとして負傷した。牧師館にかつぎこまれるやゲヴィンは、先着していたバビイを擁して、彼女は立派な婦人であると言い、断然彼女を妻に娶ると宣言して倒れる。長老達も自分らの頑迷を悟り、ゲヴィンが全快したときは許されてバビイは牧師館にてバビイと結婚するのであった。

作品データ

原題
The Little Minister
製作年
1934年
製作国
アメリカ
上映時間
0分
製作会社
RKOラジオ映画

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?