7人の愚連隊|MOVIE WALKER PRESS
MENU

7人の愚連隊

1964年9月3日公開,0分
  • 上映館を探す

デイヴィッド・R・シュワルツのシナリオを「腰抜けアフリカ博士」のゴードン・ダグラスが演出したアクション・コメディ。撮影はウィリアム・ダニエルス、音楽はネルソン・リドルが指揮、サミー・カーンとジェームズ・ヴァン・ヒューゼンのコンビが作詞・作曲した。製作はフランク・シナトラ。出演は「テキサスの四人」のフランク・シナトラ、ディーン・マーティン、「ひとりぼっちのギャング」のサミー・デイヴィス・ジュニア、「ミサイル珍道中」のビング・クロスビー、「ナイスガイ・ニューヨーク」のバーバラ・ラッシュ、ほかにピーター・フォーク、ヴィクター・ブオノなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

シカゴのギャングのボス、ジムはギスボーン(ピーター・フォーク)一味に殺された。北部に縄張りを持つロボ(フランク・シナトラ)と、その弟分ウィル(サミー・デイヴィス・ジュニア)らはギスボーンの権威を認めなかった。小ギャング、ジョン(ディーン・マーティン)がロボの仲間になったころ、ロボとギスボーンの勢力争いは烈しくなり、双方が殴り込みをかけるようになった。ある日、ロボはマリアン(バーバラ・ラッシュ)というジムの娘の訪問をうけた。彼女は父の仇を討ってくれたら5万ドル出すといった。事件の背後には買収された保安官がいたが、ギスボーンはけむたくなった保安官を殺してしまった。マリアンは、その犯行をロボと早合点、拒否するロボに5万ドルを送った。ロボに捨てて来いと命じられたウィルは処置に困り、孤児院に寄附した。そのことが大きく報じられ、賞讚を集めた。ロボのクラブは、そのことで人気を呼んだ。ギスボーンは保安官殺しの容疑をロボにきせ、逮捕させた。裁判の結果、彼は無罪になったが、その間にクラブもマリアンもジョンのものになっていた。ロボは2人を追い出した。アリアンは、ギスボーンを説いてロボとジョンを片づけようとした。だが、ロボとジョンのためにギスボーンが最期をとげ、2人は仲直りした。マリアンのシカゴ全女性に呼びかけた粛正運動に、ロボの事業は潰された。それを援助した男こそ、ダール(ビング・クロスビー)という、ロボの5万ドルの寄附をうけ、後、ロボの慈善事業の監督として雇った男だった……。ダールとマリアンの成金の姿があった。

作品データ

原題
Robin and the Seven Hoods
製作年
1964年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

5.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?