シネラマ・ホリデー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

シネラマ・ホリデー

1955年12月21日公開,119分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「これがシネラマだ」に続いて、ルイ・デ・ロシュモンが製作したシネラマ第2作。オティス・カーニーとルイ・デ・ロシュモン3世が脚色し、ジョセフ・ブランとハリー・スクェアが撮影した。作曲はモートン・ゴールド音楽監督はジャック・シェイドリン。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

プロローグ 2組の若い男女、スイスからアメリカ訪問に来たビアトリスとフレッドのトローラー夫妻及び帰り便で欧州に向かうベッティとジョンのマーシュ夫妻、がセント・ルイスの空港で落ち合った。これから2組の新婚旅行が交互に展開され、アルプス連峰の上空でシネラマ・スクリーンが開幕する。サンモリッツの冬期スポーツ、2連橇の滑走-サンモリッツの氷上フロア・ショウ“氷上の1日”-ラス・ヴェガスの街-アパッチ族の地方-硝子張丸天井の列車から眺めた米大陸の景色-ジャズの発生地、ニューオルリーンズの黒人の集会(パパ・セレスティンとその楽団が“タイガーラグ”を演奏する)-ニューイングランドの収穫祭-ニューハンプシャーにあるダートマス大学の学生生活-アルプス高原のスキー場-ノートルダムの大ミサ(ルクセンベルグ・ガーデンの人形劇、オペラ、“レ・アンデ・ガラン”、リドノフロア・ショウ、学生の舞踏会、ルーヴル博物館など)-スキーの祭典(スイスの古民謡“ホップ・サーサー”が合唱される)-春のパリ-パリの芸術学生による“四季の舞踏会”-連絡船から見たニューヨーク高層建築のスカイ・ライン(ここで欧州から戻ったマーシュ夫妻はトローラー夫妻と一流ホテルで落ち合い、旅について語り合う)-ニュー・ハンプシャーの夜空の花火で、シネラマ・ホリデーは幕を閉じる。

作品データ

原題
Cinerama Holiday
製作年
1955年
製作国
アメリカ
配給
ロビン・インターナショナル提供、東宝独占配給
上映時間
119分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?