死の標的:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
死の標的
死の標的
-

死の標的

1991年6月8日公開、93分、アクション
  • 上映館を探す
  • みたい
    0
  • みた
    1
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

元DEAの腕きき捜査官が、故郷のシカゴで麻薬組織と対決するアクション映画。「ハード・トゥ・キル」のスティーヴン・セガールが今回主演の他、脚本のマイケル・グレイス&マーク・ヴィクターと共に製作を兼任する。監督は「オペラ座の怪人(1990)」のドワイト・H・リトル、撮影はリック・ウェイト音楽はジェームズ・ニュートン・ハワードが担当。出演はセーガルの他、「メン・アット・ワーク」のキース・デイヴィッド、「キッス」のジョアンナ・パクラ、ベイジル・ウォレス他。

配信で観る

ストーリー

アメリカの麻薬捜査官ジョン・ハッチャー(スティーブン・セガール)は、故郷にもジャマイカの麻薬がはびこっていることを知った。それをきっかけに、アドレナリン全開の痛快アクションを展開する。

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Marked for Death
製作年
1990年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス
初公開日
1991年6月8日
上映時間
93分
製作会社
ビクター&グレイス・プロダクション
ジャンル
アクション


[c]キネマ旬報社